『輝ける女たち』作品情報

2007年4月14日 公開の映画作品

あらすじ

南仏ニースで長年親しまれてきたキャバレー“青いオウム”。オーナーのガブリエル(クロード・ブラッスール)が突然自殺してしまったことでかつて店から巣立っていった面々が再び“青い鳥”で顔をそろえる。ひと昔前に一世を風靡したマジシャンのニッキー(ジェラール・ランヴァン)と彼の元妻であるアリス(カトリーヌ・ドヌーヴ)。そして2人の間に生まれたニノ(ミヒャエル・コーエン)。ニッキーの幼馴染のシモーヌ(ミュウミュウ)に彼女とガブリエルの娘のマリアンヌ(ジェラルディン・ペラス)。そして旅回りの歌姫レア(エマニュエル・ベアール)。ニッキーは“青いオウム”を相続するのは自分だと信じていたが予想に反して店はマリアンヌとニノの手に。それをきっかけにそれぞれが過去に置いてきたはずの秘密や驚愕の事実が明らかになってゆく。

スタッフ

監督

ティエリー・クリファ

キャスト

作品データ

  • 2007年4月14日よりBunkamura ル・シネマほか全国にて公開
  • 原題LE HEROS DE LA FAMILLE/FAMILY HERO
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2006 SBS FILMS EDELWEISS SRL FRANCE 2 CINEMA
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『輝ける女たち』関連記事

ドヌーヴ、ベアール…芯の強い女性にはやはり憧れてしまう『輝ける女たち』レビュー 画像
コラム

ドヌーヴ、ベアール…芯の強い女性にはやはり憧れてしまう『輝ける女たち』レビュー

存在感だけで演じることのできる女優。カトリーヌ・ドヌーヴはもはやそんな域に達している。そしてもう一人、エマニュエル・ベアールもまたドヌーヴに続く女優。フランスの2大女優を相手に、新鋭監督ティエリー・クリファが描くのは“和解”をテーマに昔の華やかな劇場文化を描いた人間ドラマだ。

映画にまつわるファッション小噺 vol.33 フランス映画の女たち 画像
コラム

映画にまつわるファッション小噺 vol.33 フランス映画の女たち

今月20日に閉幕したフランス映画祭2007。レッドカーペットの様子は前回ご紹介しましたが、おしゃれの国フランスからやって来ただけあって、作品の中のファッションも素敵です。

カトリーヌ・ドヌーヴ×エマニュエル・ベアール『輝ける女たち』公開初日決定 画像
スクープ

カトリーヌ・ドヌーヴ×エマニュエル・ベアール『輝ける女たち』公開初日決定

南仏のニースで長年親しまれてきたキャバレー・“青いオウム”。オーナー・ガブリエルの突然の死をきっかけに、疎遠になっていたファミリーが再び集まることに。ガブリエルの実子たちをはじめ、かつて一世を風靡したマジシャンとその元妻に子供。幼なじみに、店で人気の歌姫など、多彩な面々がそれぞれの思いを胸に一堂に会す。そして故人を偲び、過去を振り返りながらそれぞれが抱える秘密や悩みに思いを馳せるのだが…。

モニカ・ベルッチ、ミシェル・ゴンドリー監督も来日!フランス映画祭2007豪華作品&来日予定監督・キャスト発表 画像
スクープ

モニカ・ベルッチ、ミシェル・ゴンドリー監督も来日!フランス映画祭2007豪華作品&来日予定監督・キャスト発表

今年で第15回という節目の年を迎えるフランス映画祭。2007年、日本で初めて上映される最新フランス映画16作品(内1作品はサプライズ作品)、さらにカトリーヌ・ドヌーヴを代表団長とした来日予定25人の監督・キャストが決定。カンヌを沸かせた話題作から、巨匠作品、アニメ、サスペンスまで多彩なラインナップが実現した。

フランス映画祭2007 来日代表団団長にカトリーヌ・ドヌーヴ決定 画像
スクープ

フランス映画祭2007 来日代表団団長にカトリーヌ・ドヌーヴ決定

今年で第15回と節目の年を迎えるフランス映画祭の来日代表団団長に女優カトリーヌ・ドヌーヴが就任、3月の本映画祭の会期に合わせて来日することが決定した。

page top