『ロストロポーヴィチ 人生の祭典』作品情報

2007年4月21日 公開の映画作品

あらすじ

20世紀を代表するチェリスト、ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ。彼の妻で、ボリショイ劇場を席巻したロシアのプリマドンナ、ガリーナ・ヴィシネフスカヤ。ロシアの歴史に翻弄されながらも、音楽に情熱を捧げながら生き抜いてきた、2人の怒涛のような人生について語られる、ドキュメンタリー映画。インタビュー以外に、小澤征爾がタクトを振り、ロストロポーヴィチ“人生最後の初演”となった、ウィーン・フィルとの演奏風景や、ガリーナの若かりし頃の貴重な舞台映像なども収録されている。監督は、昭和天皇の孤独と苦しみを描いた『太陽』のアレクサンドル・ソクーロフ。

スタッフ

監督

アレクサンドル・ソクーロフ

キャスト

作品データ

  • 2007年4月21日より渋谷イメージフォーラムにて公開
  • 原題ELEGY OF LIFE: ROSTROPOVICH, VISHNEVSKAYA
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット©:フィルムカンパニー・ステルフ、スタジオ・ベーレク、スヴァログ・フィルム
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ
page top