『真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 激闘の章』作品情報

2007年4月28日 公開の映画作品

あらすじ

核戦争後の荒涼とした世界、世は暴力のみが支配していた。残り少ない物資を奪われて、力のない弱き者たちは、なす術を知らない──。そんな殺伐とした時代に、一人の漢(おとこ)が現れる。彼の名はケンシロウ(阿部寛)。千八百年の長きにわたり一子相伝を守り続けた究極の暗殺拳、「北斗神拳」の唯一の伝承者だった。ケンシロウは救世主としての宿命に目覚め、虐げられた民衆の側に立って闘うことを決意していた。だが、ケンシロウには2人の兄がいた。長兄・ラオウ(宇梶剛士)は、己の拳で天を掴む覇王としての道を選び、「拳王」と呼ばれて恐怖による支配を推し進めていた。次兄・トキは、核戦争時、ケンシロウとその婚約者・ユリア(石田ゆり子)を守るために死の灰を浴び、余命いくばくもないことを悟って、医療によって民衆を救う道を選んだ。一度離れ離れとなった“北斗3兄弟”は、再び宿命によってあいまみえ、避け得ぬ闘いへと導かれていく──。

スタッフ

監督

平野俊貴

キャスト

  • 阿部寛
  • 宇梶剛士
  • 石田ゆり子
  • 角田信朗
  • 柴咲コウ
  • 浪川大輔
  • 坂本真綾

作品データ

  • 2007年4月28日より渋谷東急ほか全国にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット©武論尊・原哲夫/NSP 1983,©NSP 2007
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ
page top