『遠くの空に消えた』作品情報

2007年8月18日 公開の映画作品

あらすじ

空港の建設計画によって存続が危ぶまれる馬酔村。転校生の亮介(神木隆之介)はふとしたことから地元の悪ガキ・公平(ささの友間)、不思議な少女・ヒハル(大後寿々花)と仲良くなる。3人にとって友情の証はヒハルの夢を信じること。空港建設を巡っての大人たちの争いが激しさを増す中で、少年たちは“史上最大のいたずら”を決行する。『世界の中心で、愛をさけぶ』の行定勲監督が7年間温め続けたオリジナル脚本を映画化。信じることを恐れ、夢見ることを諦めてしまった大人達に贈る感動のファンタジー大作。

cocoレビューを見る

スタッフ

キャスト

作品データ

  • 2007年8月18日より渋谷東急ほか全国松竹、東急系にて公開
  • 原題INTO THE FARAWAY SKY
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2007 遠空パートナーズ
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『遠くの空に消えた』関連記事

行定監督、大後寿々花を「器の大きい女優」と絶賛 『遠くの空に消えた』トークショー 画像
レポート

行定監督、大後寿々花を「器の大きい女優」と絶賛 『遠くの空に消えた』トークショー

ビル一つない田舎町を舞台に、争い合う大人たちをよそに“史上最大のいたずら”を仕掛ける子供たちの夢と冒険を描いた、行定勲の渾身の一作『遠くの空に消えた』。昨夏に公開され、多くの感動を呼んだ本作が3月7日(金)にDVDとなって登場。これを記念して3月22日(土)、行定監督とヒロインの大後寿々花によるトークショーがHMV渋谷店にて開催された。

次は悪役に挑戦!? 行定ファンタジーでひねくれ者を演じた神木隆之介 画像
インタビュー

次は悪役に挑戦!? 行定ファンタジーでひねくれ者を演じた神木隆之介

14歳にしてすでに11年のキャリアを持っている神木隆之介。TVドラマでは、現在放映中の「探偵学園Q」や「どんど晴れ」、映画では2005年の『妖怪大戦争』で映画初主演を見事にこなし、この冬には『Little DJ〜小さな恋の物語〜』が待機しており、『千と千尋の神隠し』、『ピアノの森』では声優として出演するなど、文字通り多方面で活躍している。

14歳の大後寿々花を涙させたプレゼントとは? 『遠くの空に消えた』完成披露試写 画像
レポート

14歳の大後寿々花を涙させたプレゼントとは? 『遠くの空に消えた』完成披露試写

青い麦畑に、ビルに遮られることのない満天の星空…どこか懐かしい大自然の残る田舎町を舞台に、夢にあふれる子供たちのかけがえのない夏休みが始まる——。『世界の中心で愛をさけぶ』の行定勲が、監督としての原点に立ち返り、オリジナル脚本で挑んだファンタジー『遠くの空に消えた』。8月18日(土)の公開に先がけて、8月5日(日)、完成披露“親子限定”試写会が開催され、主演の神木隆之介、大後寿々花、ささの友間、行定監督による舞台挨拶が行なわれた。“子供たちと大人たちへ贈る”という作品に込められた想いにちなんで、親子の観客限定で行われた今回の試写会。さらに今回は会場の受付、舞台裏、整備から誘導に至るまで、試写会の全ての運営を子供スタッフ(小学校3年〜6年生)が取り仕切り、まさに映画に描かれる“子供力”による試写会となった。

行定勲の熱烈ラブコールで実現! Coccoが初の主題歌&サプライズ出演も 画像
スクープ

行定勲の熱烈ラブコールで実現! Coccoが初の主題歌&サプライズ出演も

『GO』、『世界の中心で、愛をさけぶ』のヒットメーカー・行定勲監督がこの夏、夢見ることを忘れた大人たちに向けて贈るファンタジー・ムービー『遠くの空に消えた』。行定監督直々のラブコールを受けて、歌手のCoccoが本作の主題歌「甘い香り」を書き下ろした。

page top