『Little DJ 〜小さな恋の物語〜』作品情報

2007年12月15日 公開の映画作品

あらすじ

ある日学校で倒れ、海辺の病院に入院することになった太郎(神木隆之介)は、野球とラジオのDJが大好きな少年。入院生活に飽きてきた頃、毎日お昼に聞こえる音楽に興味を持ち始めた太郎は、やがてお昼の院内放送のDJを行うように。病院を優しい空気で包んでいく太郎の声と音楽。太郎は放送を通じて周りの患者たちと交流していくうちに、美しい少女・たまき(福田麻由子)と出会う。やがて太郎とたまきの小さな恋は少しずつ動きだすが、太郎に残された時間は限られていた…。誰もが忘れられない初恋と少年少女の成長を70年代の名曲で彩る、ノスタルジックな日本版“小さな恋のメロディ”。

スタッフ

監督

永田琴

キャスト

作品データ

  • 2007年12月15日よりシネスイッチ銀座、シネ・リーブル池袋、渋谷シネ・アミューズ、シネマート新宿ほか全国にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2007 Little DJ film partners
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『Little DJ 〜小さな恋の物語〜』関連記事

「何かを伝えたい思いは原点」神木隆之介がDJに挑戦! 『Littel DJ』 画像
レポート

「何かを伝えたい思いは原点」神木隆之介がDJに挑戦! 『Littel DJ』

少年・少女はもちろん、かつて少年だった、少女だった大人たちにも懐かしく、そして切ない“初恋”を感じられる物語『Little DJ 〜小さな恋の物語〜』。今後の日本映画界を背負って立つであろう神木隆之介と福田麻由子が綴るこの青春の物語が12月15日(土)に初日を迎え、神木くん、福田さん、そして佐藤重幸、村川絵梨、石黒賢、永田琴監督が舞台挨拶を行った。

初恋は年上女性? 神木隆之介の意欲作『Little DJ 〜小さな恋の物語〜』 画像
コラム

初恋は年上女性? 神木隆之介の意欲作『Little DJ 〜小さな恋の物語〜』

現在、日本の若手俳優(子役)の最前線を走っているのは、間違いなく神木隆之介だ。2007年は『大日本人』、『遠くの空に消えた』など、声の出演を含め5本の映画で活躍を見せている。そのうちの1作『Little DJ 〜小さな恋の物語〜』は、突然の病に倒れながらもラジオDJに挑戦し、想いを伝える大切さを表現する少年という難役に挑んだ意欲作である。

【東京国際映画祭レポートvol.28】DJ・神木隆之介「リクエスト待ってます!」 画像
レポート

【東京国際映画祭レポートvol.28】DJ・神木隆之介「リクエスト待ってます!」

病気知らずの野球少年が突然病に倒れ、海辺の病院に入院することになった12歳の高野太郎。彼が治療の一環として院内DJを務めたという実話をもとにした同名小説を映画化した『Little DJ〜小さな恋の物語〜』。10月24日(水)に特別招待作品として上映され、主演の神木隆之介、福田麻由子、広末涼子、佐藤重幸、村川絵梨、石黒賢、そして永田琴監督による舞台挨拶が行われた。

page top