『アンダーワールド:ビギンズ』作品情報

2009年3月14日 公開の映画作品

あらすじ

数世紀もの間、闇の世界ではヴァンパイア(吸血鬼族)とライカン(狼男族)の闘いが繰り広げられていた。その闘いは、ある一人の美しき女処刑人・セリーン(ケイト・ベッキンセール)を誕生させることになる…。遠い昔、ライカンがヴァンパイアの奴隷だった時代。セリーンに生き写しの女戦士・ソーニャ(ローナ・ミトラ)がいた。ヴァンパイア族の長老・ビクター(ビル・ナイ)の娘・ソーニャと、ライカン族のルシアン(マイケル・シーン)は密かに許されない恋に落ちていた。種族を超えたこの愛が、闇の世界を血闘の渦に巻き込んでいく――。前2作では語られることのなかった美しき女処刑人・セリーン誕生の秘密を描いた、人気アクション・ホラーシリーズ第3弾。

スタッフ

監督

パトリック・タトポロス

キャスト

作品データ

  • 2009年3月14日よりTOHOシネマズ日劇ほか全国にて公開
  • 原題Underworld :Rise of the Lycans
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2009 LAKESHORE ENTERTAINMENT GROUP LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ
page top