ドキュメンタリー 『シッコ』作品情報

2007年8月25日 公開の映画作品

あらすじ

お騒がせ男、マイケル・ムーアがついに“医療問題”にメスを入れた! 医療の最前線に介入する保険会社の怪。9.11の英雄よりも手厚い治療を施されるアルカイーダの捕虜たち。そして、医療をテーマにするにあたり、ムーア自身が大減量。米国内医療業界の大手各社は突撃取材に厳戒体制を敷き、すでに“ムーア対策マニュアル”の存在のうわさも。『ボウリング・フォー・コロンバイン』、『華氏911』に続く体当たりドキュメンタリー。アカデミー賞ドキュメンタリー長編賞ノミネート作品。

スタッフ

監督

マイケル・ムーア

キャスト

  • マイケル・ムーア

作品データ

  • 2007年8月25日よりシネマGAGA!ほか全国にて公開
  • 原題SICKO
  • 製作年2007
  • 製作国アメリカ合衆国
  • 上映時間123分
  • 映倫区分
  • 配給会社ギャガ・コミュニケーションズ
  • クレジット© 2007 Dog Eat Dog Films,Inc.
  • 公式サイト

この作品が気になる人には、こちらもおすすめ

『シッコ』関連記事

夏の星空の下、ロマンチックに屋外映画鑑賞! 「スターライトシネマ PLUS」開催 画像
スクープ

夏の星空の下、ロマンチックに屋外映画鑑賞! 「スターライトシネマ PLUS」開催

「Feel the Experience エクスペリエンス。こころに響く、豊かな時間。 YEBISU STYLE 08」をコンセプトに掲げる恵比寿ガーデンプレイスが主催する「スターライトシネマ PLUS」。今年で9回目を迎える本イベントが、恵比寿ガーデンプレイスの屋外に位置するセンター広場にて、7月18日(金)から8月10日(日)まで毎週金、土、日、祝日に開催される。

菅直人「日本にとって何がよいのか考えるきっかけになった」 『シッコ』民主党試写会 画像
レポート

菅直人「日本にとって何がよいのか考えるきっかけになった」 『シッコ』民主党試写会

アメリカの要注意人物、マイケル・ムーアが同国の医療問題にメスを入れ、迫る大統領選挙をも揺るがしたと言われる映画『シッコ』。全国にて公開中の本作に深い感銘を受け、日本の医療を見直す手立てになると考えた民主党の山田正彦議員の呼びかけにより、10月24日(水)に民主党・医療介護改革作業チーム主催の上映会が実現。小沢一郎代表を始め、菅直人氏、鳩山由紀夫氏、山田氏ほか多くの民主党議員が出席した。

夏に観たい怖い映画vol.4 この夏、最も怖いドキュメンタリー・ホラー 画像
コラム

夏に観たい怖い映画vol.4 この夏、最も怖いドキュメンタリー・ホラー

「怖い」にもいろいろありますが、お化けに感じる恐怖とは異質の怖さ、ある意味で最大級の恐怖を引き起こすものに人災があります。事件や事故は当然ですが、特に生活の中にひっそりと佇む人間の悪意が実は一番怖かったりします。

忙しく働く現代の日本人にも突き刺さる! 『シッコ』が提唱する正しい医療制度とは? 画像
コラム

忙しく働く現代の日本人にも突き刺さる! 『シッコ』が提唱する正しい医療制度とは?

『ボーリング・フォー・コロンバイン』ではアメリカの銃社会、『華氏911』では9.11同時多発テロと、毎回きわどいテーマをドキュメンタリーで堂々と描いては、議論をかもしているマイケル・ムーア。その彼が最新作の題材に選んだのは、アメリカの医療制度。

「若い人にこそ観てほしい」参議院議員・川田龍平氏が語る『シッコ』 画像
レポート

「若い人にこそ観てほしい」参議院議員・川田龍平氏が語る『シッコ』

銃問題、イラク戦争問題の実態を暴いたマイケル・ムーア監督が、新たにアメリカの医療保障問題にメスを入れた『シッコ』。連日TVのワイドショーなどで多く取り上げられ、いろいろな意味でいま最も世間の注目を集めている話題作だ。8月22日(水)、医療従事者と国会議員を招いての特別試写会が開催され、参院選で初当選を果たした無所属の川田龍平が本作の感想を語った。

向かうところ敵だらけ? ムーア監督、アメリカ人精神を正面から叩き直す! 画像
レポート

向かうところ敵だらけ? ムーア監督、アメリカ人精神を正面から叩き直す!

銃問題、イラク戦争問題に続いてマイケル・ムーア監督が着目したのは「医療制度問題」。ブッシュ政権を目の敵にしながら、大国・アメリカに潜む社会病理を徹底的に追究していく監督の最新作『シッコ』。本作の6月29日(金)の全米公開を控えて現地時間の26日(火)、アメリカ・ロサンゼルス市庁舎前にて医療保険体制の改善を訴える集会が催された。渦中のムーア監督がロサンゼルス市長のアントニオ・ R・ビヤライゴーサ氏や映画の出演者たちとともに出席し、演説を行った。

30ポンド減量! マイケル・ムーア監督のブートキャンプ(?)の正体は? 画像
レポート

30ポンド減量! マイケル・ムーア監督のブートキャンプ(?)の正体は?

またしてもカンヌを賑わせてくれたマイケル・ムーア監督の最新ドキュメンタリー『シッコ』。アメリカの医療制度の矛盾にメスを入れて業界を敵に回すだけでは飽き足らず、取材でのキューバへの入国を巡ってはまたも(!)ブッシュ政権を怒らせることに。再び巻き起こった賛否両論の中で、渦中のムーア監督による記者会見がニューヨークで行われた。取り沙汰されている様々な騒動の経緯について監督が口を開いた。

「キューバに密入国なんてしてないよ」マイケル・ムーアが新作『シッコ』を語る 画像
レポート

「キューバに密入国なんてしてないよ」マイケル・ムーアが新作『シッコ』を語る

『ボウリング・フォー・コロンバイン』では銃問題について、そして『華氏911』では、イラク戦争問題について提議し、世界中で社会問題を巻き起こしてきたマイケル・ムーア監督。そのムーア監督の新作は、医療制度を取り上げた『シッコ』。本作がカンヌ国際映画祭でお披露目され、ムーア監督の記者会見が行われた。

【カンヌ映画祭レポートvol.13】日本公開が待ち遠しい『シッコ』に拍手喝采! 画像
レポート

【カンヌ映画祭レポートvol.13】日本公開が待ち遠しい『シッコ』に拍手喝采!

今日は朝から注目作が目白押しだから、取り急ぎ! 朝一番の試写と記者会見は『シッコ』。『ボーリング・フォー・コロンバイン』や『華氏911』のマイケル・ムーアのドキュメンタリー最新作でーす。社会に対して批判的な視点を持った作品って、カンヌ向きなんだけど、彼の作品はドンズバね〜。アメリカ批判とエンタテインメント化されたドキュメンタリーって、インテリ層だけじゃなくて一般にも訴求するから、ものすごい期待感があったの。

マイケル・ムーアがカンヌに再乱入! 今度は医療問題? 画像
スクープ

マイケル・ムーアがカンヌに再乱入! 今度は医療問題?

記念すべき60周年を迎えるカンヌ国際映画祭を前に、あの男の周辺から様々なウワサが…。銃問題を通してアメリカ社会の抱える病理を浮き彫りにした『ボウリング・フォー・コロンバイン』ではカンヌ国際映画祭55周年特別賞、2004年には『華氏911』でブッシュ政権を斬りパルムドール(最高賞)に輝いたマイケル・ムーア監督。彼の最新作『シッコ』が今年のカンヌの特別招待作品に決定した。

page top