『レディ・チャタレー (2006)』作品情報

2007年11月3日 公開の映画作品

あらすじ

1921年。チャタレー卿夫人・コンスタンス(マリナ・ハンズ)は戦争で下半身不随になった夫・クリフォード(イポリット・ジラルド)の介護と、結婚生活の義務感に縛られたまま、孤独な生活を送っていた。しかしある春の日、彼女は狩猟番のパーキン(ジャン=ルイ・クロック)と出会い、森の中でともに過ごす時間を重ねるうちに、孤独を抱える2人はごく自然に愛し合うように。官能の喜びに目覚めたコンスタンスとパーキンは、全ての鎧を脱ぎ捨て、生命の鼓動が震える森の中で深く結びついていく――。D・H・ロレンスの名作「チャタレー夫人の恋人」を、フレッシュなキャスト、新たな解釈で大胆に映像化。

cocoレビューを見る

スタッフ

監督

パスカル・フェラン

キャスト

作品データ

  • 2007年11月3日よりシネマライズほか全国にて順次公開
  • 原題Lady Chatterley
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ
page top