『ダイ・ハード4.0』作品情報

2007年6月30日 公開の映画作品

あらすじ

現代テクノロジーが“人質”になったとしたら――。アメリカ全土のコンピュータをダウンさせ、経済インフラを破壊しようとする凶悪な犯罪計画が持ち上がった。事件解決は“不死身の男”ジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)の手に委ねられた。しかしアナログで昔気質のジョンに、この陰謀を暴くことができるのか…? 12年ぶりとなる、人気アクション・ムービー『ダイ・ハード』シリーズ第4弾。

スタッフ

監督

レン・ワイズマン

キャスト

作品データ

  • 2007年6月23日先行上映、6月29日より日劇1ほか全国にて公開
  • 原題LIVE FREE OR DIE HARD
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット©TWENTIETH CENTURY FOX
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『ダイ・ハード4.0』関連記事

早くも激戦開始!? マギー・Q主演の大ヒット映画『K・O・F』ポスターついに解禁 画像
スクープ

早くも激戦開始!? マギー・Q主演の大ヒット映画『K・O・F』ポスターついに解禁

1990年代のアーケードゲーム黄金期に登場し、世界的大ヒットゲームとなった「THE KING OF FIGHTERS(KOF)」を映画化した『ザ・キング・オブ・ファイターズ』のポスター画像が解禁となった。

ブルース・ウィリス、若造には負けじ! 『RED』ド派手なアクション映像が到着 画像
スクープ

ブルース・ウィリス、若造には負けじ! 『RED』ド派手なアクション映像が到着

かつて在籍したCIAから“Retired Extremely Dangerous”すなわち引退した超危険人物(RED)として命を狙われることになった男の戦いを描く『RED/レッド』。主演のブルース・ウィリスの激しすぎる格闘シーンの映像がシネマカフェに到着した。

年に1度のハロウィン、スターたちが今年も張り切ってコスプレに挑戦! 画像
ゴシップ

年に1度のハロウィン、スターたちが今年も張り切ってコスプレに挑戦!

今年のハロウィンは日曜日(10月31日)ということもあり、例年に増して、わが子とコスプレに興じるハリウッド・スターが街に繰り出した年となった。

「アクション映画だけじゃないわ」『ダイ・ハード4.0』に出演したマギー・Q 画像
インタビュー

「アクション映画だけじゃないわ」『ダイ・ハード4.0』に出演したマギー・Q

ハワイ・ホノルル生まれ。父はアメリカ人、母はベトナム人。18歳の時に香港でトップモデルとして活躍した後、女優として映画界へ進出する。『ジェネックス・コップ』や『マジック・キッチン』などに出演し、『ラッシュアワー2』でハリウッドデビューを果たしたマギー・Q。その後、『80デイズ』などに出演したあと、トム・クルーズ主演の大ヒットシリーズ『M:i:III』に抜擢された。そして、あの“不死身の男”ブルース・ウィリス主演の『ダイ・ハード4.0』で主人公の強敵となるキャラクターを演じている。

不死身の男ブルース・ウィリスが最新作『ダイ・ハード4.0』を引っさげて来日! 画像
レポート

不死身の男ブルース・ウィリスが最新作『ダイ・ハード4.0』を引っさげて来日!

1988年に『ダイ・ハード』でハリウッドに登場して以来、王座に君臨してきたアクションスター、ジョン・マクレーンことブルース・ウィリス。その不死身の男・マクレーンが12年ぶりにスクリーンに戻ってきたのが『ダイ・ハード4.0』だ。主演のブルース・ウィリスを始め、今回シリーズに初参加したジャスティン・ロング、マギー・Qが作品プロモーションのために来日し、6月12日(火)に記者会見が行われた。

『ロッキー』から『スパイダーマン』に『ダイ・ハード』、そして『インディ・ジョーンズ』まで!続々製作中の続編のおはなし 画像
ゴシップ

『ロッキー』から『スパイダーマン』に『ダイ・ハード』、そして『インディ・ジョーンズ』まで!続々製作中の続編のおはなし

みなさんもご存知の通り、今年のアカデミー賞で最も話題になった映画のひとつは、2003年に香港のみならず日本でも大ヒットした『インファナル・アフェア』のリメイクである、マーティン・スコセッシ監督作品の『ディパーテッド』でした。そうです…ハリウッドでは最近リメイクが多数作られているんですよね。もう1つの流れとして、続編がさらに続々と製作されています。ハリウッド史上、最も有名なメガヒット・シリーズのひとつ、『ロッキー』の最終章、『ロッキー・ザ・ファイナル』がついに全米で公開されました(日本では4月20日(金)に公開されます)。大抵、続編は前編に比べるとストーリーが面白くなかったり、逆に力が入り過ぎのように感じてしまうんですけど、今のところ『ロッキー・ザ・ファイナル』の評判はまずまずのようです。

page top