『ブラインドサイト〜小さな登山者たち〜』作品情報

2007年7月21日 公開の映画作品

あらすじ

チベットには「盲人は前世の悪行が原因で悪魔に取り憑かれている」という古くからの言い伝えがある。盲人の多くはひどい差別を受け、目の見えない子どもたちは親からも社会からも拒絶されるという悲しい現実に直面していた。そんな子どもたちを救おうと単身チベットに渡り、初の盲人のための学校を設立したのが、自身も盲目のドイツ人教育者のサブリエ・テンバーケン。数年後、盲人として史上初のエベレスト登頂を果たしたアメリカ人登山家、エリック・ヴァイエンマイヤーと出会い、6人の子どもたちとともにエベレストの北側にそびえる標高7000メートルのラクパリ山頂を目指すことになる。チベットの文化的衝突を背景に、目標に向かって挑戦する子どもたちを撮った感動のドキュメンタリー。

スタッフ

キャスト

作品データ

  • 2007年7月21日よりシネマライズ、品川プリンスシネマほか全国にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『ブラインドサイト〜小さな登山者たち〜』関連記事

偉大なる盲目の挑戦者に大きな拍手! 紀子さまもご出席の『ブラインドサイト』試写会 画像
レポート

偉大なる盲目の挑戦者に大きな拍手! 紀子さまもご出席の『ブラインドサイト』試写会

「盲目は前世の祟りが原因で、悪魔がとり憑いている」という古くからの言い伝えが残るチベット。社会的差別を受け、親からも拒絶されてきた盲目の子供たちを援助すべく、立ち上がったのが自身も盲目のドイツ人教育学者、サブリエ・テンバーケン。この地に初の盲人学校を設立した彼女が、盲目の登山家・エリック・ヴァイエンマイヤーとの出会いをきっかけに、子供たちと始めた次なる挑戦。それはエベレストの北にそびえる標高7,000メートルのラクパリ登頂——。この前代未聞の挑戦を追ったドキュメンタリー『ブラインドサイト〜小さな登山者たち〜』の公開を直前に控え、サブリエとパートナーのポール、そして本作のプロデューサーであるシビル・ロブソン・オアーが来日。7月15日(日)、秋篠宮妃紀子殿下もご出席されて行われた、本作の試写会の舞台挨拶に登壇した。

梅雨を忘れる清涼な映画vol.3 固定観念を覆す爽快さ『ブラインドサイト』 画像
コラム

梅雨を忘れる清涼な映画vol.3 固定観念を覆す爽快さ『ブラインドサイト』

進化し続ける携帯電話。それを手にするにつけ、「多機能が搭載されていても、使いこなせないんだから、その機能はないも同然だよな…」と思ってしまう人はそう少なくないはずです。実は、これは人間にも当てはまるのかもしれません。私たちにも、さまざまな能力が備わってはいるけれど、それを生かし、駆使しないならば持っていないも同じこと、ですよね…。

page top