『酔いどれ詩人になるまえに』作品情報

2007年8月18日 公開の映画作品

あらすじ

自称“詩人”のヘンリー・チナスキー(マット・ディロン)は、売れない詩や小説を出版社に送り続けてはその場しのぎの仕事で何とか食いつなぐ毎日を過ごしている。タクシーの運転手、缶詰工場、清掃人…何をやっても続かないヘンリーは毎日酒に溺れる酔っ払いである。ある日、バーで出会った女・ジャン(リリ・テイラー)と一緒に暮らし始めるが、その生活も酒とセックスばかりのみじめで自堕落なもの。それでもヘンリーには“言葉”という、ひと筋の光があった――。世界中でカルト的人気を誇るアメリカ人作家、チャールズ・ブコウスキーの自伝的小説の映画化作品。

スタッフ

監督

ベント・ハーメル

キャスト

作品データ

  • 2007年8月18日より銀座テアトルシネマ、シネセゾン渋谷にて公開
  • 原題Factotum
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2005 Copyright BulBul Film As / Factotum Inc.
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ
page top