『アドリブ・ナイト』作品情報

2008年2月9日 公開の映画作品

あらすじ

突然2人連れの青年に声をかけられ、行方不明の女性“ミョンウン”と間違えられた若い女性。彼女はミョンウンの身代わりとなって、その父親の臨終に立ち会う羽目に。かくして父親の家族や隣人たちを巻き込んだ、長い夜が始まる…。日本人作家・平安寿子の短編小説を映画化。

cocoレビューを見る

スタッフ

キャスト

  • ハン・ヒョジュ
  • キム・ヨンミン
  • チェ・イルファ
  • キ・ジュボン

作品データ

  • 2008年2月9日より渋谷アミューズCQNほか全国にて順次公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『アドリブ・ナイト』関連記事

『アドリブ・ナイト』のハン・ヒョジュ「感情が爆発した後の平穏さを感じてほしい」 画像
インタビュー

『アドリブ・ナイト』のハン・ヒョジュ「感情が爆発した後の平穏さを感じてほしい」

街中で突然2人連れ男性に声をかけられた女性。10年前から行方不明の“ミョンウン”と間違えられたのだ。しかしその2人は人違いだと分かると、“ミョンウンの代わりにその父親の最期に立ち会ってほしい”と言い出す──。日本の人気作家・平安寿子の同名短編小説を映画化した『アドリブ・ナイト』で、見知らぬ男性の臨終に立ち会うことになった女性を演じたハン・ヒョジュに話を聞いた。

「春のワルツ」のハン・ヒョジュ最新作を引っさげ来日 得意の日本語で大アピール 画像
レポート

「春のワルツ」のハン・ヒョジュ最新作を引っさげ来日 得意の日本語で大アピール

雑踏の中で“ミョンウン”という行方不明の女性と間違えられて2人の青年に声を掛けられた若い女性。人違いだと否定するも、青年たちに頼まれるままに、彼女はこのミョンウンの父親の臨終に立ち会うことになるのだが…。『チャーミング・ガール』が絶賛を浴びた韓国の新鋭、イ・ユンギ監督が、日本の人気作家・平安寿子の同名短編小説を映画化した『アドリブ・ナイト』が2月9日(土)より公開される。TVドラマ「春のワルツ」のヒロインとして注目を浴び、本作の主演を務めたハン・ヒョジュが来日し、1月17日(木)に開催された本作の試写会で舞台挨拶に登壇した。

page top