『ピューと吹く!ジャガー THE MOVIE』作品情報

2008年1月12日 公開の映画作品

あらすじ

ギタリストを志す酒留清彦は、ある日出会ったジャガージュン市と名乗る男に、ふえ科に強制入部させられる。だが、資金難で存続不可能となってしまった、ふえ科。そんな折、世界中で注目されている珍笛が日本に上陸してくる。ふえ科のメンバーは、その珍笛を手に入れ何とかお金を稼ごうとするが…。「週刊少年ジャンプ」に連載され、爆発的な人気を得た同名コミックの実写映画化。ジャガージュン市役を要潤が演じる。

cocoレビューを見る

スタッフ

キャスト

作品データ

  • 2008年1月12日より渋谷・アミューズCQN、シネ・リーブル池袋ほか全国にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2008「ピューと吹く!ジャガー THE MOVIE」製作委員会
  • 公式サイト 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『ピューと吹く!ジャガー THE MOVIE』関連記事

誰が何を言っても脱力笑い! 『ピューと吹く!ジャガー』がいよいよ公開! 画像
レポート

誰が何を言っても脱力笑い! 『ピューと吹く!ジャガー』がいよいよ公開!

2000年から週刊少年ジャンプ(集英社)で掲載中のうすた京介の脱力マンガ「ピューと吹く!ジャガー」。この、たて笛を愛する謎の男・ジャガージュン市とその仲間たちが繰り広げるガッカリワールドが映画化された。1月12日(土)に初日を迎え、主演のジャガーを演じた要潤を始め、高橋真唯、大村学、小木博明(おぎやはぎ)、マッコイ斉藤監督が舞台挨拶を行った。

「これは壮大なコント。要潤が笑ったから笑っちゃった、が理想」要潤がジャガーを語る 画像
インタビュー

「これは壮大なコント。要潤が笑ったから笑っちゃった、が理想」要潤がジャガーを語る

たて笛をこよなく愛し、芸能事務所でたて笛の講師までしている(でもあまり吹かない)ジャガージュン市が主人公の超ガッカリ漫画「ピューと吹く!ジャガー」が実写化。主演のジャガーを演じたのは要潤。その意外なキャスティングに驚きつつ、要さんに話を聞いた。

「お前のシーン切って矢作と代えるぞ!」監督の脅しで小木、急遽ラップを披露! 画像
レポート

「お前のシーン切って矢作と代えるぞ!」監督の脅しで小木、急遽ラップを披露!

週刊少年ジャンプ(集英社)の巻末を定位置に好評連載中のうすた京介によるギャグ漫画「ピューと吹く!ジャガー」が『ピューと吹く!ジャガー THE MOVIE』としてついに禁断の実写映画化! 1月12日(土)の公開に先駆けて12月26日(水)、完成披露試写会が開催された。上映前の舞台挨拶に主演の要潤を始め大村学、高橋真唯、小木博明(おぎやはぎ)、そして監督のマッコイ斉藤が登壇した。

page top