『R246 STORY』作品情報

2008年8月23日 公開の映画作品

あらすじ

「224466」――R246を徘徊する老人・虎吉(加瀬亮)と少女・シドミ(大森絢音)の前に、ロックンロール星からやってきた宇宙人246(浅野忠信)が現れる。体の一部であるドラムキットを無くし、衰弱していく彼を救うべく、2人はドラムキットを探しに出るのだが…。 「JIROル〜伝説のYO・NA・O・SHI」――現代へのタイムスリップから帰ってきた次郎長(的場浩司)からR246の変わり果てた様子を聞いた森の石松(中村獅童)。世直しのため、キャデラックに乗り込み、現代の東京へと向かう…。 「ありふれた帰省」――離別した恋人を探すために、R246でひたすら交通量調査を続ける男・井上(須藤元気)。彼の同僚たちは、そんな井上のために恋人探しに協力する。だがそんな折、井上が急に実家に帰ることになり…。 「DEAD NOISE」――「今後の日本のHIPHOP界」をテーマに、VERBALが数々のトップアーティストにインタビューを敢行したドキュメンタリー。 「CLUB246」――内気でごく普通の青年・ジュリ(石田卓也)は、クラブが大好きでアイドル的な存在・サキ(HARU)に想いを寄せていた。彼女に近づくために、初めてクラブに足を踏み入れるのだが…。 「弁当夫婦」――同棲し、長く一緒にいることで全ての日常が当たり前になっている、とある男女(ユースケ・サンタマリア、永作博美)。女は毎日お弁当を作り、2人は一緒に食べることを日課にしていたが、ある日、何も言わない男に、女が業を煮やして…。「国道246」をテーマに、多彩なジャンルの6人が物語を作り上げる、異色オムニバス。

スタッフ

キャスト

作品データ

  • 2008年8月23日より渋谷Q−AXシネマほか全国にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2008「R246 STORY」フィルムパートナーズ
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『R246 STORY』関連記事

土屋アンナ、初監督作でエコの氾濫に一石 「当たり前のことをやろう」と愛をアピール 画像
レポート

土屋アンナ、初監督作でエコの氾濫に一石 「当たり前のことをやろう」と愛をアピール

アメリカのアカデミー賞公認の映画祭であり、アジア最大級の短編映画の祭典「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2009」が6月4日(木)に開幕を迎えた。会場の一つである表参道ヒルズでは同日、オープニングセレモニーと共に「話題賞」の授賞式が行われ、8月1日(土)公開のオムニバス映画『ブルー・パシフィック・ストーリーズ』の中の一編『フィッシュ・ボーン』で初メガホンを握った土屋アンナが受賞した。

「女性ものの着物を着て、激しいアクションの中に美を」中村獅童『ICHI』を語る 画像
インタビュー

「女性ものの着物を着て、激しいアクションの中に美を」中村獅童『ICHI』を語る

ジェームズ・キャメロンのもとで『タイタニック』のVFX(視覚効果)に参加し、日本でもVFXスーパーバイザーとして数多くの映画でその手腕を発揮してきた曽利文彦。斬新な映像で話題になった初監督作『ピンポン』から6年──彼が満を持して放つ実写映画は、勝新太郎主演による26本のシリーズや北野武によるリメイクで知られる日本人の愛すべきダークヒーロー“座頭市”である。だが3代目座頭市を描く『ICHI』がこれまでと異なるのは、座頭市を女性が演じているということ。綾瀬はるかというミューズを迎え、新しい座頭市を生み出したのだ。そこで、市と対決する町荒らしの万鬼を演じる中村獅童に映画の魅力を語ってもらった。

page top