『カメレオン』作品情報

2008年7月5日 公開の映画作品

あらすじ

[カメレオン]――危険をいち早く感知し、その場の状況・感情により素早く体を変色させ、狙った獲物を捕らえる生き物――。まるでカメレオンのように、いくつもの表情をもち、ときにはゾッとするほど冷めきった顔を垣間見せる伍郎(藤原竜也)。ある日いつものように完璧に獲物を騙しきった伍郎たちが偶然、拉致現場に居合わせてしまったのをきっかけに、暗い闇の連鎖が動き始める…。『デスノート』シリーズの藤原竜也主演、『亡国のイージス』の阪本順治が贈る、激しく壮絶なクライム・アクション。

スタッフ

監督

阪本順治

キャスト

作品データ

  • 2008年7月5日より全国東映系にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2008「カメレオン」製作委員会
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『カメレオン』関連記事

「何度やっても監督は『はい、もう1回』ばかり」 藤原竜也、恨み節の『カメレオン』 画像
レポート

「何度やっても監督は『はい、もう1回』ばかり」 藤原竜也、恨み節の『カメレオン』

国家による犯罪の現場を偶然に目撃したことから、一人、また一人と仲間を失っていく伍郎。そして、心を許した女性までもが奪われたとき、彼の中の獣が再び目を覚ました——。30年前に故・松田優作のために執筆された脚本を阪本順治監督が藤原竜也を主演に迎えて映像化した『カメレオン』。本作が7月5日(土)に公開初日を迎え、阪本監督に藤原さん、そしてヒロインを演じた水川あさみが舞台挨拶に登壇した。

“カメレオン”藤原竜也「ギリギリまで作りこんだ挙句『ダッピョーン』って…(笑)」 画像
インタビュー

“カメレオン”藤原竜也「ギリギリまで作りこんだ挙句『ダッピョーン』って…(笑)」

『カメレオン』というタイトルが良く似合う——。攻撃的なところを感じさせず、柔らかい印象を与えつつも、どこか捉えどころがない。インタビューの最中も、気さくで丁寧な口調で語りつつも、ふとした瞬間、どこまで本気でどこまで冗談なのかと惑わせ、こちらを慌てさせる。大ヒットした『DEATH NOTE デスノート』シリーズ以来の映画出演となった『カメレオン』でも、まさに変幻自在の演技を見せる藤原竜也に話を聞いた。

セクシー“カメレオンガールズ”に藤原竜也撃沈? 水川あさみとのキスシーンは…? 画像
レポート

セクシー“カメレオンガールズ”に藤原竜也撃沈? 水川あさみとのキスシーンは…?

“非情の男”も“カメレオンガールズ”にはかなわず? 『DEATH NOTE デスノート』シリーズ以来の映画出演となる藤原竜也と、ドラマや映画で人気急上昇中の水川あさみの共演で話題の『カメレオン』。7月5日(土)の公開に先駆け、6月30日(月)に藤原さん、水川さん、そして阪本順治監督が出席してのトークイベントが開催された。

藤原竜也のアクションが冴え渡る『カメレオン』 主題歌に大物新人・シギが抜擢! 画像
スクープ

藤原竜也のアクションが冴え渡る『カメレオン』 主題歌に大物新人・シギが抜擢!

カメレオンのように変幻自在に自らの表情を操る男、伍郎。ある事件をきっかけに、彼は暗闇の連鎖に巻き込まれることに——。『デスノート』シリーズ以来の主演作となる藤原竜也が本格アクションに挑んだ、阪本順治監督(『亡国のイージス』)最新作、『カメレオン』が7月5日(土)より公開される。このたび本作の主題歌に、今夏メジャー・デビューとなる新人アーティスト、シギの起用が決定した。

page top