『THE 4TH KIND フォース・カインド』作品情報

2009年12月18日 公開の映画作品

あらすじ

アラスカの北部・ノーム。精神科医のアビゲイル・タイラー(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、不眠に悩む町の人々の診察にあたっていた。だが、アビゲイル自身も、隣で眠っていた夫が夜中に何者かに殺されて以来、眠れない日々が続いていた。実は、ノームでは1960年代以来、未解決の失踪・殺人事件が多発していたのだ…。2000年に起こった未解決事件を基に、実在の精神科医であるアビゲイル本人の映像、録音音声、そしてインタビューを織り込んだ実話のスリラー。

cocoレビューを見る

スタッフ

監督

オラントゥンデ・オスサンミ

キャスト

  • ミラ・ジョヴォヴィッチ
  • ウィル・パットン
  • イライアス・コティーズ

作品データ

  • 2009年12月18日より丸の内ピカデリーほか全国にて公開
  • 原題The 4th Kind
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット©2009 GOLD CIRCLE FILMS LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『THE 4TH KIND フォース・カインド』関連記事

ミラ・ジョヴォヴィッチ復帰インタビュー “母”だからこそ演じられた衝撃作! 画像
インタビュー

ミラ・ジョヴォヴィッチ復帰インタビュー “母”だからこそ演じられた衝撃作!

ミラ・ジョヴォヴィッチが帰ってきた! 『バイオハザード III』の日本での公開と時を同じくして、同作の監督、ポール・W・S・アンダーソンとの間に授かった第一子を出産。その後、いくつかの作品に参加しているが、まもなく公開される『THE 4TH KIND フォース・カインド』が復帰後初めて日本で公開される作品となる。彼女が演じるのは一児の母であり、夫を何者かに殺された未亡人であり、不眠症が蔓延する街の心理学者。催眠療法によって人々の不眠の理由を解明しようとした結果、世にも恐ろしい映像を目撃することになり、街を覆う恐るべき秘密に直面することに——。この実話を基に、実際に残された記録映像をも使用して製作されたこの衝撃作について、彼女が口を開いた。

ミラ・ジョヴォヴィッチ、映画でしっかり“母”の顔に! 主演2作品が立て続けに公開 画像
スクープ

ミラ・ジョヴォヴィッチ、映画でしっかり“母”の顔に! 主演2作品が立て続けに公開

2007年の11月に娘のエヴァーを出産、そしてこの夏にはそのエヴァーも出席して、幸せいっぱいのウェディングを挙げたミラ・ジョヴォヴィッチがまもなくスクリーンに復帰! 12月18日(金)に公開を迎える『THE 4TH KIND フォース・カインド』で、ミラは出産後初めてとなる母親役を演じているが、ミラ自身のプライベートでの画像かと見まがうような愛情あふれる“母”の顔を見せる彼女の姿を捉えた場面写真が到着した。

page top