『ワールド・オブ・ライズ』作品情報

2008年12月20日 公開の映画作品

あらすじ

ロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は、ヨルダンを拠点にテロを計画する大規模テロ組織の首謀者の手がかりをつかむ。そして彼は組織に潜入しようとするが、それには、狡猾なCIAのベテラン、エド・ホフマン(ラッセル・クロウ)と、敵かもしれないヨルダン諜報部トップの協力を得なければならない。表面上は味方であっても、彼らをどこまで信用していいのか確信が持てないまま、フェリスの命を懸けた作戦実行の期限が迫る…。ワシントン・ポスト紙のコラムニスト、デイビッド・イグネイシアスがCIA工作員を描いた小説を映画化した、サスペンス・ドラマ。

スタッフ

監督

リドリー・スコット

キャスト

作品データ

  • 2008年12月20日より丸の内ピカデリー1ほか全国にて公開
  • 原題Body of Lies
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2008 Warner Bros. Entertainment Inc.
  • 公式サイト 公式サイト(英語)
ジャンル
感情タグ

『ワールド・オブ・ライズ』関連記事

ラッセル・クロウがハリウッド殿堂入り。最新作で演じたロビン・フッドは「タイツなし!」 画像
ゴシップ

ラッセル・クロウがハリウッド殿堂入り。最新作で演じたロビン・フッドは「タイツなし!」

ラッセル・クロウがハリウッドの殿堂、ウォーク・オブ・フェイム入りを果たし、12日、ハリウッドのコダック・シアター前で名前入り星型プレートの除幕セレモニーが行われ、妻や2人と息子たちと出席した。

『タイタニック』のレオ&ケイトが11年ぶりの再共演。ワールド・プレミアに出席 画像
ゴシップ

『タイタニック』のレオ&ケイトが11年ぶりの再共演。ワールド・プレミアに出席

映画史に残る大作『タイタニック』で恋人同士を演じたレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットが夫婦役で共演する『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』のワールド・プレミアが15日、ウエストウッドのマン・ヴィレッジ・シアターで行われた。

ディカプリオの男臭い“キレ”がキーポイントの『ワールド・オブ・ライズ』 画像
コラム

ディカプリオの男臭い“キレ”がキーポイントの『ワールド・オブ・ライズ』

CIAの本部に勤めるエリート局員・ホフマンと、彼の指令ひとつで危険な現場に潜入する若き工作員・フェリス。爆破テロ組織のリーダーを捕まえる使命を負ったふたりは、それぞれの立場で任務を遂行していく。

ディカプリオ、ラッセル・クロウと13年ぶりの共演 「アドレナリンが上がってくる感じ!」 画像
レポート

ディカプリオ、ラッセル・クロウと13年ぶりの共演 「アドレナリンが上がってくる感じ!」

世界的テロを阻止するため、2人の男に与えられたミッション。それは、味方をも欺く、完璧なうそをつくこと——。リドリー・スコット監督と2大ハリウッド・スター、レオナルド・ディカプリオ&ラッセル・クロウという最強の競演が実現したアクション・サスペンス『ワールド・オブ・ライズ』が12月20日(土)より日本で公開される。これに先駆けて、本作のN.Y.プレミアが現地時間の10月5日(日)に開催され、スコット監督、ディカプリオ、クロウの3人が揃ってレッドカーペットを歩いた。

page top