『余命』作品情報

2009年2月7日 公開の映画作品

あらすじ

敏腕外科医の百田滴(松雪泰子)は結婚10年目に妊娠が発覚。過去に乳がんを患い、子供を授かることを期待していなかっただけに、カメラマンの夫・良介(椎名桔平)と至福の時間を味わっていた。だが、喜びも束の間、自分の右胸に違和感を感じた滴は、自己診断の結果、全身性の乳がんが再発したことを知る。38歳の滴にとって、出産はこれが最後のチャンス。しかし産んでも自分の手で育てられない…。子供を諦めて治療に専念すべきか、がんの進行を早めても子供を生むか、病を知り尽くした滴は、苦渋の決断を迫られる――。谷村志穂の同名小説を原作に、生死の境で葛藤する一人の女性の壮絶な人生と家族の絆を描いた物語。

cocoレビューを見る

スタッフ

監督

生野慈朗

キャスト

作品データ

  • 2009年2月7日より新宿バルト9にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2008「余命」製作委員会
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『余命』関連記事

椎名桔平、『余命』脚本読んで涙、撮影中も涙! 松雪泰子「生きる力感じられる作品」 画像
レポート

椎名桔平、『余命』脚本読んで涙、撮影中も涙! 松雪泰子「生きる力感じられる作品」

子を授かった喜びも束の間、乳がんの再発を知った外科医の滴。出産するか? それとも治療に専念するか——? 生と死の境で葛藤する一人の女性の選択、そして彼女を支える夫との絆を描いた『余命』が2月7日(土)に公開を迎えた。初日の舞台挨拶に主演の松雪泰子と椎名桔平、奥貫薫、宮崎美子、そして生野慈朗監督が登壇した。

椎名桔平、思わず結末もポロリ? 命の尊さ、夫婦の絆伝える『余命』妊婦試写会を開催 画像
レポート

椎名桔平、思わず結末もポロリ? 命の尊さ、夫婦の絆伝える『余命』妊婦試写会を開催

結婚10年目で待望の子供を授かった女医の滴。だが、喜びとともに彼女に突きつけられたのは、乳がんの再発だった…。生と死の間での苦渋の決断、そして命の尊さを綴る感動作『余命』が2月7日(土)より公開される。本作では、乳がんの早期検診などを呼びかけるピンクリボン運動の普及のため、昨年12月より約1か月にわたり全国8都市でチャリティ試写会キャラバンを実施。そして1月21日(水)、ゴール地点の東京にて妊婦を集めたプレミア試写会が行われ、主演の松雪泰子と夫役の椎名桔平、監督の生野慈朗が上映前の舞台挨拶に登壇した。

【TIFFレポート13】『余命』松雪泰子「主人公の選択は衝撃的でした」 画像
レポート

【TIFFレポート13】『余命』松雪泰子「主人公の選択は衝撃的でした」

結婚10年目にしての念願の妊娠と同時に、乳がんを再発した滴。彼女の選択を通じて命の尊さを描き出す『余命』。来年2月に公開される本作が「日本映画・ある視点」部門で10月20日(月)に上映され、舞台挨拶に主演の松雪泰子、生野慈朗監督が登壇した。

page top