ドラマ/ 犯罪/ アクション 『ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック・エネミー)No.1と呼ばれた男 Part 1 ノワール編』作品情報

2009年11月7日 公開の映画作品

あらすじ

1960年代〜70年代、大陸を股にかけ、“社会の敵No.1”と呼ばれた男がいた。金を奪うのは銀行や金持ちからだけ、友との絆を大切にし、裏切り者には容赦ない報復、女には限りない愛情を注いだ男、ジャック・メスリーヌ。2部構成で、この世界で最も有名なギャングの一人の人生を追ったクライム・アクション。「ノワール編」では、1959年以降、若き日のメスリーヌが強盗を重ねた後、カナダへ逃亡し、投獄、そして驚異の脱獄劇により“社会の敵No.1”と称されるまでを描く。主演のヴァンサン・カッセルはじめ、現在のフランス映画を支えるスターが総出演している。第21回東京国際映画祭コンペティション部門出品作品。

スタッフ

監督

ジャン=フランソワ・リシェ

キャスト

  • ヴァンサン・カッセルジャック・メスリーヌ
  • セシル・ド・フランスジャンヌ・シュネデール
  • ジェラール・ドパルデューギド
  • エレナ・アナヤソフィア
  • ロイ・デュプイジャン=ポール・メルシエ

作品データ

ジャンル
感情タグ

『ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック・エネミー)No.1と呼ばれた男 Part 1 ノワール編』関連記事

【どちらを観る?】ジョニー・デップ&V・カッセル“パブリック・エネミー”対決 画像
コラム

【どちらを観る?】ジョニー・デップ&V・カッセル“パブリック・エネミー”対決

1930年代、大恐慌期のアメリカで、「汚れた金しか奪わない」をモットーに銀行強盗を繰り返した犯罪王、ジョン・デリンジャー。創設されたばかりのFBIに“社会の敵(パブリック・エネミー)No.1”の烙印を押される一方、紳士的な義賊として大衆から支持されたデリンジャーの生きざまに迫るのが『パブリック・エネミーズ』だ。

ヴァンサン・カッセル、20キロ増量で怪演! 伝説のギャング、ジャック・メスリーヌ 画像
スクープ

ヴァンサン・カッセル、20キロ増量で怪演! 伝説のギャング、ジャック・メスリーヌ

フランス史上最凶の犯罪者として知られる実在のギャングスター、ジャック・メスリーヌ。1960年代〜70年代にかけて、独自の虚勢と大胆不敵な方法をもって大陸を股にかけた数々の強盗、誘拐、殺人を実行していった、この伝説の男の怒涛の人生を描いた巨編二部作、『ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵No.1と呼ばれた男』が11月に日本上陸する。待望の公開に先駆けて、その壮絶な物語の一部がうかがえる、本作の予告編がシネマカフェにいち早く到着した!

フランスのオスカー、セザール賞が発表。ヴァンサン・カッセル亡父に捧げる主演男優賞 画像
ゴシップ

フランスのオスカー、セザール賞が発表。ヴァンサン・カッセル亡父に捧げる主演男優賞

フランス映画界のアカデミー賞と見なされる、第34回セザール賞授賞式が27日、パリのシャトレ劇場で行われた。

page top