『バイオハザード:ディジェネレーション』作品情報

2008年10月18日 公開の映画作品

あらすじ

アメリカ中西部工業都市。事件は空港で発生した。バイオテロや薬害被害者救済を行うべく、「NGO」に所属していたクレア・レッドフィールドは目の前で空港利用客の中にひとりのゾンビを発見した。だがそれは、警備員が噛まれたことを発端に、続々と一般客や空港職員が感染してしまい、空港内は大パニックになる。一方、空では離陸中だった旅客機が緊急着陸し、ガラスを突き破ってロビーへと突入してしまう…。そして、旅客機から降りてきた乗組員や乗客はみんなゾンビ化していた――。監督は、『日本沈没』や『L change the WorLd』を手がけた神谷誠。脚本は、『CASSHERN』の菅正太郎。ミラ・ジョヴォヴィッチ主演の大ヒットシリーズ『バイオハザード』のフルCG長編作品。

スタッフ

監督

神谷誠

キャスト

作品データ

  • 2008年10月18日より新宿ピカデリー、梅田ブルク7、名古屋ミッドランド スクエア シネマにて2週間限定公開
  • 原題biohazard: DEGENERATION / RESIDENT EVIL: DEGENERATION
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2008 カプコン/バイオハザードCG製作委員会
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ
page top