『ディパーテッド』作品情報

公開の映画作品

あらすじ

舞台となるのは、州警察が組織犯罪との戦いを続けるボストン南部。若き秘密捜査官のビリー・コスティガン(レオナルド・ディカプリオ)は、犯罪組織のボス、コステロ(ジャック・ニコルソン)が取り仕切るギャングへの潜入捜査を命じられる。一方、冷淡な若き犯罪者のコリン・サリバン(マット・デイモン)は、コステロの内通者となるべく警察へと潜入し、特別捜査課で高い地位に上がりつつあった。2人の男は二重生活に深く身を染めながら、それぞれの立場から警察、マフィア、両サイドの機密情報を収集していく。しかし、ビリーとコリンは突如として正体を暴き出される。自らの身を守るために、2人は競うかの如くもう1人の内通者の正体を突き止めようとする―─。ファン待望の『インファナル・アフェア』ハリウッド版。

スタッフ

監督

マーティン・スコセッシ

キャスト

作品データ

  • 2007年1月20日よりサロンパスルーブル丸の内ほか全国松竹・東急系にて公開
  • 原題THE DEPARTED
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2006 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
ジャンル
感情タグ

『ディパーテッド』関連記事

【カンヌレポートvol.05】あの人の案内でインディ・ジョーンズの豪華面々と対面 画像
レポート

【カンヌレポートvol.05】あの人の案内でインディ・ジョーンズの豪華面々と対面

スティーヴン・スピルバーグ、ハリソン・フォード、ジョン・ハート、ジム・ブロードベント…錚々たるメンバーが目の前に!

レオの演技にノックアウト!『ブラッド・ダイヤモンド』レビュー 画像
コラム

レオの演技にノックアウト!『ブラッド・ダイヤモンド』レビュー

『ディパーテッド』でレオナルド・ディカプリオの演技を絶賛したばかりだが、『ブラッド・ダイヤモンド』を見て、再度「レオ、最高!」と叫びたくなってしまった。これまでに見たことのない瞳の輝きと絶対的な演技力を感じてしまったのだ。そんな過去最高のレオをスクリーンに放ったのはエドワード・ズウィック監督。『グローリー』(監督)や『トラフィック』(製作)など、タブーとされる社会問題や歴史の裏に隠された真実を数多く描いてきた監督だ。今回は内戦の地・アフリカを舞台に、巨大なピンク・ダイヤモンドに引き寄せられた3人の旅を描いていく。

今年は緊張感が足りなかった?アカデミー賞舞台裏 vol.1 画像
ゴシップ

今年は緊張感が足りなかった?アカデミー賞舞台裏 vol.1

みなさんは誰が今年のアカデミー賞を受賞したか、そして逃したか、もうすでにご存知ですよね。私は毎年、アカデミー賞とグラミー賞授賞式はWOWOWで字幕のコンサルタントとして手伝っているのですが、今年のオスカーナイトも様々なドラマがありました!

レオが新しい人生を手に入れる!『ブラッド・ダイヤモンド』公開初日決定 画像
スクープ

レオが新しい人生を手に入れる!『ブラッド・ダイヤモンド』公開初日決定

『ラスト サムライ』のエドワード・ズウィック監督と、アカデミー賞作品賞を受賞したばかりの『ディパーティッド』の公開も記憶に新しいレオナルド・ディカプリオがタッグを組んだ『ブラッド・ダイヤモンド』の初日が4月7日に決定した。

最優秀作品賞『ディパーテッド』受賞 画像
スクープ

最優秀作品賞『ディパーテッド』受賞

今年最高の映画を決める最優秀作品賞に、レオナルド・ディカプリオ、マット・デイモン、ジャック・ニコルソン、マーク・ウォールバーグらハリウッド超豪華俳優陣が集結した『ディパーテッド』が輝いた。本作はマーティン・スコセッシが監督賞を受賞したほか、脚色賞、編集賞とあわせて4つの賞を獲得。今回の受賞により、アジア映画のハリウッド・リメイクにも再び注目が高まるだろう。

最優秀監督賞『ディパーテッド』マーティン・スコセッシ受賞 画像
スクープ

最優秀監督賞『ディパーテッド』マーティン・スコセッシ受賞

長年受賞が待ち望まれていたマーティン・スコセッシ監督が8度目のノミネートにして初の受賞を果たした。『ディパーテッド』は、香港マフィアの裏側を描いた『インファナル・アフェア』の脚本を元に、舞台をアメリカのボストンに移してリメイクしたサスペンス・ドラマ大作。先日の来日時には記者会見で「アカデミー賞を目指して映画をつくっても受賞は出来ないことがわかった」と苦笑いしていたスコセッシ監督。ついに“無冠の帝王”の名をくつがえす受賞となった。

最優秀脚色賞『ディパーテッド』受賞 画像
スクープ

最優秀脚色賞『ディパーテッド』受賞

アメリカで大ヒットしたコメディ『ボラット(原題)』、『イン・ザ・ベッドルーム』でも同賞にノミネートされたトッド・フィールドの『リトル・チルドレン (原題)』、『トゥモロー・ワールド』のティム・セクストン、『あるスキャンダルの覚え書き』といった激戦を制したのは香港映画『インファナル・アフェア』のハリウッドリメイクとなる『ディパーテッド』のウィリアム・モナハン。初ノミネートにして初受賞となった。

意外なアカデミー賞ノミネート? 画像
ゴシップ

意外なアカデミー賞ノミネート?

先週ついに、アカデミー賞のノミネート作品が発表されましたね。私はちょっと驚いたかな…いや、予想出来たのかもしれません。先ず、『ドリームガールズ』が作品賞にノミネートされなかったことが話題になりましたね。この映画はビヨンセ、エディ・マーフィ、ジェイミー・フォックス、そして新星ジェニファー・ハドソン(「アメリカン・アイドル」出身)をキャストに迎えたミュージカルですが、ノミネートは確実と言われていたので、少し残念でした。全体では今年最高の8ノミネートを果たしましたが、最多ノミネート作品が、作品賞を逃したのは史上初めてなんですよね…。何でノミネートされなかったのでしょう? 個人的には、本作はすでに多くの注目を集めていたので、アカデミーはちょっと聞き飽きていたのかもしれないな、と思います。時々、メディアや一般大衆に人気の映画でも、アカデミーからは無視されてしまうこと、あるんですよね。

2007年の賞レース、有力候補の顔ぶれは? vol.3 いよいよ本番。第79回アカデミー賞 ノミネート発表 画像
コラム

2007年の賞レース、有力候補の顔ぶれは? vol.3 いよいよ本番。第79回アカデミー賞 ノミネート発表

ゴールデン・グローブ賞の発表から約1週間。ついに、ハリウッド映画最高の栄誉、第79回アカデミー賞のノミネート発表がありました。予想通り、作品賞には『バベル』『ディパーテッド』が。『硫黄島からの手紙』もこの部門に参戦。外国語賞ではなく。この3作と『クィーン』は監督賞でもノミネート。これら大作に並んで食い込んできた『リトル・ミス・サンシャイン』が、どんな激戦を見せてくれるのか楽しみです。残念ながら、作品賞には入らなかったものの、監督として評価を受けたのが、のポール・グリーングラス。いまだ、多くの人の心に大きな傷を残している9.11のテロの渦中にあった人々を描いた『ユナイテッド93』では、確かに巧みな演出力に圧倒されました。

2007年の賞レース、有力候補の顔ぶれは? vol.2 前哨戦、ついに…! 画像
コラム

2007年の賞レース、有力候補の顔ぶれは? vol.2 前哨戦、ついに…!

日本時間の16日、発表されたゴールデン・グローブ賞。アカデミー賞の行方を占う賞として、さまざまな意味で注目されるイベントです。今年は、『バベル』で日本の菊地凛子がノミネートされていました。渡辺謙さんに続き、こうも立て続けに日本人俳優が熱い視線を浴びるとなると、まるでMLBのように、日本の俳優もごく普通にハリウッドで活躍し、注目される時代へといよいよ突入したのかなとしみじみ。菊地凛子は惜しくも受賞を逃したものの、注目度と知名度は急上昇。今後につながる素晴らしい評価を手にしました。作品自体はドラマ部門の最優秀作品賞を受賞しています。

ブラピ、レオ、硫黄島——第79回アカデミー賞ノミネート作品発表 画像
スクープ

ブラピ、レオ、硫黄島——第79回アカデミー賞ノミネート作品発表

映画界最大の祭典、第79回アカデミー賞ノミネート作品が1月23日22:30(日本時間)ロサンゼルスのビバリーヒルズにあるサミュエル・ゴールドウィン・センターにて発表された。作品賞にノミネートされたのはゴールデン・グローブ賞最優秀作品賞受賞、日米共演が話題の『バベル』、先週主演のレオナルド・ディカプリオとマーティン・スコセッシ監督が来日したばかりの『ディパーテッド』、イーストウッド監督が日本人キャストで硫黄島の戦いを描いた『硫黄島からの手紙』、異例のロングランヒットを記録したロード・ムービー『リトル・ミス・サンシャイン』、そしてダイアナとエリザベス女王の間の確執を初めて映画化した『クィーン』の5作品。

4年ぶり来日!『ディパーテッド』レオナルド・ディカプリオ&マーティン・スコセッシ監督来日記者会見 画像
レポート

4年ぶり来日!『ディパーテッド』レオナルド・ディカプリオ&マーティン・スコセッシ監督来日記者会見

レオナルド・ディカプリオ、マット・デイモン、ジャック・ニコルソン、マーク・ウォールバーグらハリウッド超豪華俳優が集結した『ディパーテッド』。1月20日の日本公開に先駆け、主演のレオナルド・ディカプリオと監督マーティン・スコセッシが本作PRのため来日した。共に日本は、2人が同じくタッグを組んだ『ギャング・オブ・ニューヨーク』以来、4年半ぶり。今週、スコセッシ監督が本作でゴールデン・グローブ賞を受賞という嬉しいニュースを持って、1月18日に記者会見を行った。

ブラピ×役所広司×菊地凛子共演『バベル』ゴールデン・グローブ賞作品賞受賞 画像
スクープ

ブラピ×役所広司×菊地凛子共演『バベル』ゴールデン・グローブ賞作品賞受賞

今回で64回を迎えたゴールデン・グローブ賞の授賞式が行われ、最多の7部門にノミネートされていた『バベル』が見事、最優秀作品賞に輝いた。今回ゴールデン・グローブ賞を受賞したことで、現地時間23日にノミネート作品が発表されるアカデミー賞の獲得もより現実味を帯びてきたと言える。

2007年の賞レース、有力候補の顔ぶれは? vol.1 3度目の正直なるか、『ディパーテッド』のレオナルド 画像
コラム

2007年の賞レース、有力候補の顔ぶれは? vol.1 3度目の正直なるか、『ディパーテッド』のレオナルド

年が明けると、早くも映画界を賑わし始めるアカデミー賞の話題。すでに、前哨戦が始まっています。ナショナル・ボード・オブ・レビューや全米各地の批評家賞が発表されたのに続き、すでにゴールデン・グローブ賞(以下、GG)もノミネート発表が済んでいます。その“顔ぶれ”を見ていると、浮かび上がってくるのが、アカデミー賞ノミネートに絡んできそうな作品たち。今のところ、『幸せのちから』、『ボビー』、『ディパーテッド』、『バベル』、『プラダを着た悪魔』、『ドリームガールズ』、『クィーン』、『リトル・チルドレン』が有力。このあたりは、総合的な評価が高く、複数の部門での絡みが予想されているというわけです。

スクリーン・アクターズ・ギルド賞主演男優賞ノミネート! ウィル・スミス来日決定 画像
スクープ

スクリーン・アクターズ・ギルド賞主演男優賞ノミネート! ウィル・スミス来日決定

昨年12月15日に全米公開され、見事No.1を獲得、公開3週目で興行収入1億ドル突破を果たした『幸せのちから』。昨年の第64回ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門での最優秀主演男優賞ノミネートを始め、続々とノミネートされ続けているウィル・スミスが1月27日に日本公開を控え、17日来日することが決定した。

レオナルド・ディカプリオ4年ぶり緊急来日決定! 画像
スクープ

レオナルド・ディカプリオ4年ぶり緊急来日決定!

アカデミー賞の前哨戦としても注目が集まる第64回ゴールデン・グローブ賞で最優秀作品賞と主演男優賞を含む6部門にノミネートされている『ディパーテッド』。日本公開を1月20日(土)に控え、主演のレオナルド・ディカプリオとマーティン・スコセッシ監督の緊急来日が急遽決定した。2人は1月17日(水)に来日し18日(木)に都内で記者会見を行い、翌19日(金)には六本木ヒルズ・アリーナ広場で開催されるジャパンプレミア・レッドカーペットイベントに出席する予定。

第64回ゴールデン・グローブ賞ノミネーション発表 画像
スクープ

第64回ゴールデン・グローブ賞ノミネーション発表

第64回ゴールデン・グローブ賞のノミネーションが12月14日(現地時間)発表された。最優秀作品賞(ドラマ部門)に見事ノミネートを果たしたのは、『バベル』『ボビー』『ディパーテッド』『LITTLE CHILDREN (原題)』『クィーン』の5本。また最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル部門)には『BORAT: CULTURAL LEARNINGS OF AMERICA FOR MAKE BENEFIT GLORIOUS NATION OF KAZAKHSTAN (原題)』『プラダを着た悪魔』『ドリームガールズ』『リトル・ミス・サンシャイン』『サンキュー・スモーキング』の5本が発表された。

アカデミー賞前哨戦、2006年ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞発表 画像
スクープ

アカデミー賞前哨戦、2006年ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞発表

毎年アカデミー賞までの賞レースの先陣を斬って発表されるナショナル・ボード・オブ・レビュー賞が、ニューヨーク現地時間12月6日(水)に発表となった。ナショナル・ボード・オブ・レビューはニューヨークの映画専門家120人ほどの投票によって決められ、95年の歴史を誇る権威ある賞。

ハリウッド版・『悪夢探偵』はブラピが最有力候補!?リメイク・オファー殺到中 画像
スクープ

ハリウッド版・『悪夢探偵』はブラピが最有力候補!?リメイク・オファー殺到中

完全無欠のヒーローからは程遠く、生きることに滑稽なまでに後ろ向きな“悪夢探偵”影沼京一。世界の塚本晋也監督の記念すべき10作目『悪夢探偵』は夢と現実が交錯する異次元エンターテイメントだ。

最高のキャストあってこそ成し得たリメイク『ディパーテッド』レビュー 画像
コラム

最高のキャストあってこそ成し得たリメイク『ディパーテッド』レビュー

マフィアに潜入した警察の男、警察に潜入したマフィアの男──『ディパーテッド』の原案はあの超ヒット作の香港映画『インファナル・アフェア』シリーズだ。いくつもの伏線が緻密に張り巡らされたストーリー、トニー・レオン&アンディ・ラウ、エディソン・チャン&ショーン・ユーという美しき男たちの哀しき運命を描いた3部作は、公開とともに世界中の熱狂を浴びた。

レオナルド・ディカプリオVSマット・デイモン『ディパーテッド』2007年1月20日公開初日決定 画像
スクープ

レオナルド・ディカプリオVSマット・デイモン『ディパーテッド』2007年1月20日公開初日決定

マフィアに潜入した優秀な警察官と警察内部に送り込まれたマフィアの男。ふたりは素性を隠したまま、それぞれの潜入先で機密情報を集め続ける。だが、警察もマフィアも内通者の存在を察知したことでふたりは窮地に立たされる。己の身を守るため、競うかのように互いの正体を突き止めようとするふたり。生き残るのはどっちだ!?

「東京国際シネシティ フェスティバル2006」開催 画像
スクープ

「東京国際シネシティ フェスティバル2006」開催

この秋、新宿ミラノ1をメイン会場に、シネシティ広場において「東京国際シネシティ フェスティバル2006」が開催される。

page top