『武士の一分(いちぶん)』作品情報

2006年12月1日 公開の映画作品

あらすじ

最愛の妻・加世(檀れい)とつつましく暮らす下級武士の三村新之丞(木村拓哉)の平穏な日々は、藩主の毒味役をつとめて失明した日から暗転する。役目を果たすこともできず、絶望し、自害しようとする新之丞を加世は必死で思いとどまらせるが、愛する夫のため、罠にはまって番頭の島田藤弥(坂東三津五郎)に身を捧げてしまう。島田に復讐を誓った新之丞だったが、仇敵・島田は藩内きっての剣の使い手。無謀な果たし合いに新之丞に勝機はあるのか? そして失われた夫婦の情愛は取り戻せるのか…? 山田洋次監督の時代劇3部作の最後を飾る作品であるとともに木村拓哉を主演に迎えた話題作。

スタッフ

監督

山田洋次

キャスト

  • 木村拓哉
  • 檀れい
  • 笹野高史
  • 岡本信人
  • 左時枝

作品データ

  • 2006年12月1日より公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2006「武士の一分」製作委員会
ジャンル
感情タグ
page top