『白夜』作品情報

2009年9月19日 公開の映画作品

あらすじ

別れた恋人と再会するため、日本を飛び出し、フランスへやって来た相沢朋子(吉瀬美智子)と、バックパッカーとして海外を放浪する木島立夫(眞木大輔)は、リヨンの橋の上で偶然出会った。久しぶりに出会った日本人を懐かしいと思い、立夫は朋子に声をかける。そして、立夫の言葉によって、朋子は別れた恋人に対する一方的な自分の思いや、勢いでここまで来てしまった自分を冷静に見つめる。立夫に不信感を抱いていた朋子だったが、不器用ながらも自分のことを一生懸命考えてくれる彼の優しさに惹かれていく…。二人はリヨンの暮れゆく街を歩きながら、別れた恋人のことや互いの仕事、家族のことなどについて語り合う。だが、立夫はその日の夜22時に出発するパリ行きの電車に乗らなければ、明日の帰国に間に合わない。日本から遠く離れたフランス・リヨンで近づき始めた2人の心だったが――。人気グループ「EXILE」のパフォーマーMAKIDAIが俳優・眞木大輔として挑んだ主演作。

スタッフ

監督

小林政広

キャスト

  • 眞木大輔
  • 吉瀬美智子

作品データ

  • 2009年9月19日より新宿武蔵野館ほか全国にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 「白夜」製作委員会
ジャンル
感情タグ

『白夜』関連記事

眞木大輔&吉瀬美智子『白夜』インタビュー 仲良くなり過ぎて監督に怒られた! 画像
インタビュー

眞木大輔&吉瀬美智子『白夜』インタビュー 仲良くなり過ぎて監督に怒られた!

写真撮影の際も、微笑み合って言葉を交わすほど息はぴったり。まさにお似合いの美男美女とも言うべきEXILEのMAKIDAIこと眞木大輔と吉瀬美智子だが、2人は開口一番、意外な撮影秘話を明かしてくれた。「役作りのために、撮影前には会っちゃいけないと監督から言われていたんです(笑)」。そんな彼らが共演したのは、『バッシング』、『愛の予感』などで知られる鬼才・小林政弘の監督作『白夜』。フランスのリヨンを舞台に繰り広げられる、ロマンティックなラブストーリーだ。登場人物は全編ほぼ彼らのみ。リヨンの赤い橋の上で出会い、惹かれ合って恋に落ち、ある結末を迎えるまでの数時間がふたりの会話劇によって構成されていく。

EXILE眞木大輔、初キスシーンに「緊張」、「恥ずかしかった」 『白夜』初日 画像
レポート

EXILE眞木大輔、初キスシーンに「緊張」、「恥ずかしかった」 『白夜』初日

人気グループEXILEのメンバー、MAKIDAIこと眞木大輔が19日(土)、東京・新宿武蔵野館で主演映画『白夜』の初日舞台挨拶をW主演した女優の吉瀬美智子、小林政広監督と行い、初キスシーンの感想を語った。

眞木大輔&吉瀬美智子、監督の嫉妬で接近できず? 「全然距離が縮まらず…」 画像
レポート

眞木大輔&吉瀬美智子、監督の嫉妬で接近できず? 「全然距離が縮まらず…」

『バッシング』や『愛の予感』などで各国の映画祭で高い評価を得ている小林政広監督が、長年温めた脚本を基に完成させたラブストーリー『白夜』。美しい風景が広がるフランス・リヨンを舞台に、偶然出会った一組の男女の恋愛模様を描いた本作が9月19日(土)より公開を迎える。これに先駆けて、9月7日(月)、本作の完成披露試写会が行われ、小林監督と主演の眞木大輔(EXILE)と吉瀬美智子が登壇し、眞木さんのファンで埋め尽くされた会場は興奮の渦に包まれた。

ファッション小噺vol.112 日本女優の美肌のヒミツはこれだった! 画像
コラム

ファッション小噺vol.112 日本女優の美肌のヒミツはこれだった!

映画を大スクリーンで観ていて、また、お家のテレビで観ていて、「この女優さんは肌がきれいだな」とうっとりとしたことありませんか? 反対に、雑誌などでは気づかなかったけれど、「この人、かなり肌が荒れているな…」とちょっとがっかりすることもしばしば。映画やテレビでのどアップに耐えられないなんて女優としてはけっこう深刻。最近では、エンタメ業界に進化したデジタル技術が導入されているので、特に大問題となっているのです。

page top