『3時10分、決断のとき』作品情報

2009年8月8日 公開の映画作品

あらすじ

干ばつと借金で生活に困り、家族の関係も冷めつつある小さな牧場主のダン(クリスチャン・ベイル)は、町で捕まった強盗団のボス、ベン・ウェイド(ラッセル・クロウ)を、刑務所がある“ユマ行き3時10分発”の列車に乗せる護送の仕事を引き受ける。そして、ウェイドの言葉や行動に翻弄され、危険にさらされる護送団のメンバーを一人ずつ失っていく中、ダンとウェイドには不思議な絆が生まれる。だが、ホテルに身を隠した一行は、追ってきたウェイドの部下たちに包囲されてしまう。見逃せば命と金の保証をすると申し出るウェイドに、ダンは自分の本当の心の内を明かす。そして、銃撃の中を二人の男は列車に向かう――。エルモア・レナードの原作を映画化した異色西部劇の傑作『決断の3時10分』('57)のリメイク版。第80回アカデミー賞にて音響賞と作曲賞にノミネート。

スタッフ

監督

ジェームズ・マンゴールド

キャスト

  • ラッセル・クロウ
  • クリスチャン・ベイル
  • ピーター・フォンダ

作品データ

  • 2009年8月8日より新宿ピカデリーにて公開
  • 原題3:10toYuma
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2007 Yuma, Inc. All Rights Reserved.
ジャンル
感情タグ
page top