『シャネル&ストラヴィンスキー』作品情報

2010年1月16日 公開の映画作品

あらすじ

1913年パリ。ココ・シャネルはカペルという名の裕福な男性に夢中であり、仕事においても多忙を極めていた。一方、イゴール・ストラヴィンスキーは「春の祭典」のリハーサルを行っていた。革新的な不協和音に満ちた曲を作り出すイゴールの創造性は、過激なファッションデザイナーとしてのココの方向性に類似していた。しかし7年後の1920年、ココは意中のカペルを交通事故で亡くし悲しみに暮れる。一方、イゴールはロシア革命後、無一文となりパリに亡命していた。そしてふたりは出会う――。シャネルの全盛期に誕生したNo.5と、その影に隠された宿命を描く真実のドラマ。

スタッフ

監督

ヤン・クーネン

キャスト

  • アナ・ムグラリス
  • マッツ・ミケルセン
  • アナトール・トーブマン

作品データ

  • 2010年1月16日よりシネスイッチ銀座、Bunkamura ル・シネマ、新宿武蔵野館ほか全国にて公開
  • 原題COCO CHANEL & IGOR STRAVINSKY
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© EUROWIDE FILM PRODUCTION
ジャンル
感情タグ

『シャネル&ストラヴィンスキー』関連記事

【シネマモード】2010年 映画ファッションのいままでとこれから 画像
コラム

【シネマモード】2010年 映画ファッションのいままでとこれから

2010年も、半分が過ぎました。これまでどんな映画に出会いましたか。その中で、お気に入りのファッションは、見つかりましたか? 映画とファッションは切っても切り離せないもの。映画の印象と、そこに登場するファッションは強く繋がっているものです。例えば、『ローマの休日』とオードリー・ヘップバーンのファッションのように。今年、そんな素敵な関係は見つけられたでしょうか。

『シャネル&ストラヴィンスキー』アナ・ムグラリス 「No.5」がもたらしたもの 画像
インタビュー

『シャネル&ストラヴィンスキー』アナ・ムグラリス 「No.5」がもたらしたもの

劇中と同じように、紫煙をくゆらせながら特徴的なハスキーボイスでゆっくりとこちらの質問に答える姿に不思議と惹きつけられてしまう。アナ・ムグラリス、31歳。現代では稀少な存在となってしまったタイプの女優と言えるかもしれない。そんな彼女が演じたのは、まさに“カリスマ”と呼ぶべき、ファッション史における最も偉大な人物の一人、ガブリエル・ココ・シャネル。シャネルを主人公に昨年来、立て続けに公開されてきた『ココ・シャネル』、『ココ・アヴァン・シャネル』と比べ、この『シャネル&ストラヴィンスキー』はある意味“異色”の作品。シャネルの代名詞とも言えるパフューム「No.5」、およびストラヴィンスキーの代表作「春の祭典」の誕生の裏側と、2人の秘められた恋——。アナは何を感じ、何を想いながら伝説のデザイナーを演じたのか?

【シネマモード】世紀の女 ココ・シャネル『シャネル&ストラヴィンスキー』 画像
コラム

【シネマモード】世紀の女 ココ・シャネル『シャネル&ストラヴィンスキー』

2010年が明けました。シネマカフェ読者のみなさま、今年もよろしくお願いいたします。

ファッション小噺vol.109 王道の伝記&ピグマリオン精神に見る“シャネル” 画像
コラム

ファッション小噺vol.109 王道の伝記&ピグマリオン精神に見る“シャネル”

8月8日(土)の公開が決まった映画『ココ・シャネル』。前回ご紹介した『ココ・アヴァン・シャネル』が、シャネル王国を築くきっかけとなった最初の成功まで、つまりガブリエルの半生を綴ったものでした。対してこちらは、すでに有名となり、第二次世界大戦後、15年の沈黙を破って復帰しようとする70歳のココ・シャネルが、自らの人生をふり返るというスタイルをとっています。

page top