【シネマモード】2010年 映画ファッションのいままでとこれから

2010年も、半分が過ぎました。これまでどんな映画に出会いましたか。その中で、お気に入りのファッションは、見つかりましたか? 映画とファッションは切っても切り離せないもの。映画の印象と、そこに登場するファッションは強く繋がっているものです。例えば、『ローマの休日』とオードリー・ヘップバーンのファッションのように。今年、そんな素敵な関係は見つけられたでしょうか。

最新ニュース
『セックス・アンド・ザ・シティ2』 -(C) 2010 New Line Productions, Inc. and Home Box Office, Inc.
  • 『セックス・アンド・ザ・シティ2』 -(C) 2010 New Line Productions, Inc. and Home Box Office, Inc.
  • 『シャネル&ストラヴィンスキー』 -(C) EUROWIDE FILM PRODUCTION
  • 『ミックマック』 - (C) EPITHETE FILMS –TAPIOCA FILMS –WARNER BROS. PICTURES –FRANCE 2 CINEMA -FRANCE 3 CINEMA
2010年も、半分が過ぎました。これまでどんな映画に出会いましたか。その中で、お気に入りのファッションは、見つかりましたか? 映画とファッションは切っても切り離せないもの。映画の印象と、そこに登場するファッションは強く繋がっているものです。例えば、『ローマの休日』とオードリー・ヘップバーンのファッションのように。今年、そんな素敵な関係は見つけられたでしょうか。

個人的に、2010年はクラシカルなファッションの映画が気になった年。特に『17歳の肖像』『(500日)のサマー』『抱擁のかけら』『ココ・アヴァン・シャネル』『シャネル&ストアヴィンスキー』が醸し出していたテイストが好き。ファッションデザイナーのココ・シャネルを題材にした2作は当然のラインナップと言えるでしょう。そして、スペインのペドロ・アルモドバルが見せる、ファッションとインテリアの粋な関係からも目が離せませんでした。『抱擁のかけら』は多くの意味で、彼自身の『オール・アバウト・マイ・マザー』と対を成す作品。あの作品、そしてあのヴィジュアルが大好きな人には、こちらも大切な作品になったことでしょう。そんな中で、ベストルックを決めるのは難しいけれど、最も真似できそうな“リアルクローズ”という意味では、『(500日)のサマー』の多彩なワードローブは簡単に盗めるものばかり。DVDを購入して、再度しっかりチェックするというのもアリかなと思っています。

そして下半期、特にこの夏のファッションを占うなら、やはりその指標となるのは、『セックス・アンド・ザ・シティ2』でしょう。アラブ首長国連邦のアブダビ・ロケで見せた、4人のファッションのエキゾティックで華やかなこと。ロングスカーフやターバン、たっぷりとしたドレープ使いの服や帽子、陽の光を受けてキラキラと輝く色合わせなどが魅力です。ただ、日本人にはちょっと大胆すぎるかな…という方には、エスニックテイストだけをちょっと真似してみるのもいいですね。最近は、チュニックにスパッツやパンツを合わせるのが定番スタイルのひとつになっていますが、蒸し暑い日でも風をはらんで涼しく過ごせるので、この夏も大活躍しそう。特に、エスニックテイストのものは、ここ数年の人気アイテムですが、最近では刺繍やビーズ、スパンコールなども施されていたり、カラーバリエーションも鮮やかで豊かだったりと、より洗練されたものも登場しているので、ちょっとしたパーティにも活躍しそう。シンプルなデザインのものが多いので、いつもとは違ったちょっと大胆な色を選んでみれば、“SATC”気分でわくわくできるのではないでしょうか。

エスニックなテイストをもっと味わうなら、7月3日(土)から公開される『アデル ファラオと復活の秘薬』も参考になりそう。これは、エジプトが舞台のクラシカルなアクション映画です。ヒロインの優雅なドレス姿が、アクションとミスマッチでとってもユニーク。でも、この映画については次回じっくりお話しするので、ちょっとお預けとしましょう。

秋以降は、また、クラシカルなファッションが気になり出しそうな予感。ファッションデザイナーのトム・フォード初監督作品の『シングルマン』、ジャン=ピエール・ジュネ監督の最新作『ミックマック』など、ファションだけでなく、作品そのものがスタイリッシュというツワモノも。とにかく、下半期も華やかなファッションの話題には事欠かない映画界。ぜひ、自分モードの映画をみつけて、楽しんでみてくださいね。

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top