『呪怨 黒い少女』作品情報

2009年6月27日 公開の映画作品

あらすじ

看護師の裕子(加護亜依)は、芙季絵という少女の担当を任されてから、奇妙な体験をするようになる。検査の結果、芙季絵の体内に「嚢腫」が発見される。産まれてくることのできなかった者の怨みが少女を蝕み、そして周囲の人々を呪っていく。裕子の隣人は黒い少女によって捉えられ、芙季絵の父は殺人を犯し、そして狂っていく。芙季絵の母・季和子が霊力を持つ妹・真理子に縋り、除霊は成功したかに思えたが、それは最悪の「呪怨」の始まりだった――。産まれてくることのできなかった者の怨みが、想像を絶する“怒り”となって人々を呪い殺す。『呪怨 白い老女』と同時上映。

スタッフ

監督

安里麻里

キャスト

作品データ

  • 2009年6月27日より新宿バルト9、梅田ブルク7にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット©2009東映ビデオ・CELL
ジャンル
感情タグ
page top