『シーサイドモーテル』作品情報

2010年6月5日 公開の映画作品

あらすじ

周囲を山に囲まれながらも、そのホテルの名は“シーサイドモーテル”。インチキ化粧品のセールスマンに陽気なコールガール、借金を踏み倒したギャンブラーその恋人の猫好きな女。謎の訪問者、チンピラと多彩な顔触れがこのホテルに足を踏み入れ、それぞれの部屋でそれぞれのドラマが展開される。やがて朝を迎えたとき、ほんの小さな幸せを願う彼らは、海のないこのホテルで海を見つけることが出来るのか――?

スタッフ

監督

守屋健太郎

キャスト

作品データ

  • 2010年6月5日より新宿ピカデリーほか全国にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2010「シーサイドモーテル」製作委員会
ジャンル
感情タグ

『シーサイドモーテル』関連記事

古田新太 女装を褒めちぎる共演陣に懐疑心「そういう作戦?」 画像
レポート

古田新太 女装を褒めちぎる共演陣に懐疑心「そういう作戦?」

映画『シーサイドモーテル』の初日舞台挨拶が6月5日(土)、東京・新宿区の新宿ピカデリーで行われ、主演の生田斗真らが出席。シークレットゲストで古田新太が“女装”し花束ガールを務めた。

松尾スズキ×『シーサイドモーテル』監督の対談を独占配信! 田辺誠一のメッセージも 画像
スクープ

松尾スズキ×『シーサイドモーテル』監督の対談を独占配信! 田辺誠一のメッセージも

生田斗真、麻生久美子ら豪華キャストが出演する『シーサイドモーテル』の公開を記念して、日本映画専門チャンネルにて「ボクらの映画の作り方」と題して、本作の守屋健太郎監督と松尾スズキの対談が行われた。その模様がシネマカフェに到着! さらに、2人となじみが深い俳優の田辺誠一、三木聡監督からメッセージも。

麻生久美子インタビュー 「変な役は好き」だけど今回の登場ポーズは「恥ずかしい…」 画像
インタビュー

麻生久美子インタビュー 「変な役は好き」だけど今回の登場ポーズは「恥ずかしい…」

かわいくて、かわいくて仕方ないのに、どうにも付きまとう“ニセモノ”感とウサン臭さ…。麻生久美子は“それ”を「賞味期限が切れそうなギリギリ感のある女性」と表現する。映画『シーサイドモーテル』で彼女が演じたのは、三十路を目前にした場末のコールガール、キャンディ。「私も歳をとって(笑)、いまだからこそ演じられる役なのかな」とも。世の男性を(いや、おそらく女性も!)癒やし、和ませてやまない麻生さんが、ある意味、究極の癒やしを生業とする女を演じる姿は一見の価値アリ! 映画公開を前に話を聞いた。

page top