『ウォール・ストリート』作品情報

2011年2月4日 公開の映画作品

あらすじ

由緒あるケラー・ザベル・インベストメンツに勤めるジェイコブ(シャイア・ラブーフ)は順風満帆な人生を歩んでいた。資産は増え続け、恋人のウィニー(キャリー・マリガン)とも順調だと思われた。ところが突然会社が経営破綻。資産が全て水の泡になってしまう。黒幕の存在を知ったジェイコブは、ウィニーの父で元カリスマ投資家ゴードン(マイケル・ダグラス)に接触を図る――。インサイダー取引を題材にした『ウォール街』('87)の続編。

cocoレビューを見る

スタッフ

監督

オリヴァー・ストーン

キャスト

作品データ

  • 2011年2月4日よりTOHOシネマズ日劇ほか全国にて公開
  • 原題WALL STREET: MONEY NEVER SLEEPS
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2010 TWENTIETH CENTURY FOX
ジャンル
感情タグ

『ウォール・ストリート』関連記事

マイケル・ダグラス、躁うつ病治療を告白した妻キャサリンを「誇りに思う」 画像
ゴシップ

マイケル・ダグラス、躁うつ病治療を告白した妻キャサリンを「誇りに思う」

マイケル・ダグラスが、双極性障害(躁うつ病)で入院治療を受けたと公表した妻のキャサリン・ゼタ=ジョーンズの行動を「誇りに思う」とコメントした。

【シネマモード】2010年のオスカー、その後… 画像
コラム

【シネマモード】2010年のオスカー、その後…

1年が過ぎるのは早いなと、思うこの時期。お正月、クリスマスなどもそんな風に思いますが、やはり映画業界にいると、オスカーをひとつの区切りとすることもしばしば。ですから、そろそろ今年のオスカーの話題でも書いてくださいとお声がかかると、「もうそんな時期ですか…」と思うのです。そのわりに、去年の話題作、つまり受賞作やノミネート作品については、すっかり“過去の映画”のような気もしたりして(失礼!)。

オリヴァー・ストーン監督インタビュー 「お金? 危険な麻薬だね(笑)」 画像
インタビュー

オリヴァー・ストーン監督インタビュー 「お金? 危険な麻薬だね(笑)」

成功、挫折が渦巻くニューヨークのウォール街を舞台、いや“主人公”に、人間の欲望をえぐり出した映画『ウォール街』。発表から20年以上経ても物語が鋭さを失うことはなく、特にマイケル・ダグラスが演じたゴードン・ゲッコーという強烈なキャラクターは、いまなお金融関連のニュースや論評にしばしば引用されるほどである。この栄光と挫折を背負ったカリスマが再びスクリーンに帰ってきた。8年におよぶ服役を経て彼は何を学び、ウォール街で何をしようとしているのか? メガホンを握るのはもちろん、前作に続いてオリヴァー・ストーン。続編『ウォール・ストリート』公開を前に来日を果たした監督に話を聞いた。

夏川純「子どもは2人」と“願望”語る、ホリエモンは“強欲”が原動力と力説 画像
レポート

夏川純「子どもは2人」と“願望”語る、ホリエモンは“強欲”が原動力と力説

マイケル・ダグラスがアカデミー賞主演男優賞を受賞した『ウォール街』('87)の続編で、オリバー・ストーン監督が再びメガホンを取った『ウォール・ストリート』の公開記念イベントが2月1日(火)、東京・六本木アカデミーヒルズで行われ、“ホリエモン”こと元ライブドア社長の堀江貴文とタレントの夏川純が「挑戦する精神」をテーマにトークショーを行った。会場には現在、就職活動中の学生が招待された。

キャリー・マリガンら実力派俳優陣が紡ぐ哀しい運命『わたしを離さないで』予告編到着 画像
スクープ

キャリー・マリガンら実力派俳優陣が紡ぐ哀しい運命『わたしを離さないで』予告編到着

ブッカー賞作家カズオ・イシグロの同名小説を映画化した話題作『わたしを離さないで』の予告編が到着した。

J・ギレンホールは新恋人同伴? M・ダグラスは完全復活。G・グローブ賞こぼれ話 画像
ゴシップ

J・ギレンホールは新恋人同伴? M・ダグラスは完全復活。G・グローブ賞こぼれ話

『ソーシャル・ネットワーク』の4冠(作品賞、監督賞、脚本賞、音楽賞)で幕を閉じた第68回ゴールデン・グローブ賞。多くのスターが一堂に会する授賞式やレッド・カーペットでは今年もセレブたちがさまざまな話題を振りまいた。

シャイア・ラブーフがバイクで魅せる! 『ウォール・ストリート』本編映像が到着 画像
スクープ

シャイア・ラブーフがバイクで魅せる! 『ウォール・ストリート』本編映像が到着

1987年に全米で公開され、マイケル・ダグラスにアカデミー賞主演男優賞をもたらした『ウォール街』の続編『ウォール・ストリート』の本編映像の一部がシネマカフェに到着した。

マイケル・ダグラス、がん克服を宣言。愛妻キャサリン・ゼタ・ジョーンズは歓喜の涙 画像
ゴシップ

マイケル・ダグラス、がん克服を宣言。愛妻キャサリン・ゼタ・ジョーンズは歓喜の涙

昨年8月に咽喉がんで闘病中であると公表したマイケル・ダグラスが10日、アメリカのTV番組のインタビューでがんを克服したと語った。

オリヴァー・ストーン来日 結末は「映画を観た人が自分で判断してほしい」 画像
レポート

オリヴァー・ストーン来日 結末は「映画を観た人が自分で判断してほしい」

マイケル・ダグラスにアカデミー賞主演男優賞をもたらした1987年公開の傑作『ウォール街』の続編となる『ウォール・ストリート』のオリヴァー・ストーン監督が来日。11月29日(月)、都内で行われた記者会見に出席した。

アカデミー賞名誉賞授賞式で、巨匠ゴダール、94歳の名優イーライ・ウォラックら受賞 画像
ゴシップ

アカデミー賞名誉賞授賞式で、巨匠ゴダール、94歳の名優イーライ・ウォラックら受賞

11月13日、アメリカ映画芸術科学アカデミー主催の第2回ガヴァナーズ・アワードがハリウッド&ハイランド・ボールルームで開催され、アカデミー賞名誉賞が俳優のイーライ・ウォラック、映画史家のケヴィン・ブラウンロウ、そしてフランスの映画監督、ジャン=リュック・ゴダールに贈られた。

チャーリー・シーンの愛車が盗難。今年に入って2度目 画像
ゴシップ

チャーリー・シーンの愛車が盗難。今年に入って2度目

チャーリー・シーンの愛車メルセデス・ベンツが盗難に遭い、彼の自宅のシャーマン・オークス付近の崖の下で発見された。彼の愛車が盗まれて崖の下で発見される事件は今年2月にも発生している。

【カンヌレポート 02】『ウォール・ストリート』 シャイア&キャリー揃って登場 画像
レポート

【カンヌレポート 02】『ウォール・ストリート』 シャイア&キャリー揃って登場

14日夜、コンペティション外の招待作品『ウォール・ストリート』の公式上映が行われ、監督のオリヴァー・ストーン、マイケル・ダグラス、シャイア・ラブーフ、キャリー・マリガン、ジョシュ・ブローリン、フランク・ランジェラらキャストを始め、ジョージ・ルーカス、マーティン・スコセッシら大物ゲストがレッドカーペットに登場した。本作は、今年のラインナップの中では数少ないハリウッド大作。そのためか、会場のグランド・ルミエール前にはファンがつめ掛け、押すな押すなの大混乱となった。

マイケル・ダグラスの息子に禁固5年の実刑判決 画像
ゴシップ

マイケル・ダグラスの息子に禁固5年の実刑判決

マイケル・ダグラスの息子、キャメロン・ダグラスが20日、ニューヨークの連邦地裁より、違法薬物所持と薬物の大量取り引きの罪で禁固5年の実刑判決を言い渡された。

マイケル・ダグラス、N.Y.の判事に薬物所持で有罪となった息子の減刑を訴える 画像
ゴシップ

マイケル・ダグラス、N.Y.の判事に薬物所持で有罪となった息子の減刑を訴える

マイケル・ダグラスの息子で昨年7月に逮捕され、後に覚せい剤とコカインの売人をしていたと自ら認めたキャメロン・ダグラスに対する判決前日、マイケルが判事に宛てた手紙が公開された。

キャリー・マリガン 『17歳の肖像』インタビュー オスカー候補24歳の素顔と成長 画像
インタビュー

キャリー・マリガン 『17歳の肖像』インタビュー オスカー候補24歳の素顔と成長

“オードリー・ヘプバーンの再来”——図抜けた演技力と透明感あふれる美しさを持つ彼女を、人々は往年の名女優を引き合いに、そう形容した。キャリー・マリガン、現在24歳。彼女が生まれる20年以上前——“ビートルズ以前”のロンドンを舞台に、ある年上の男性との出会いをきっかけに大人の世界の入口に立ち、時に傷つき、切なさや甘酸っぱい思いを抱えながら一歩ずつ成長していく少女の姿を描いた『17歳の肖像』でオスカー主演女優賞にノミネートされた。この原稿が出る時点でオスカー授賞式まで数日。結果は神のみぞ知るといったところだが、受賞のいかんにかかわらず言えることがひとつ。今回のノミネートは、今後も続くであろう彼女の“輝かしい”女優人生における、序章に過ぎないということ。称賛と共に数々の映画賞が届けられたのと同時に、彼女を取り巻く環境はガラリと変わったわけだが、当のキャリーは“いま”の状況をどのように受け止めているのか? 映画の公開、そして授賞式を前に話を聞いた。

page top