『再生の朝に −ある裁判官の選択−』作品情報

2011年3月5日 公開の映画作品

あらすじ

1997年、中国・河北省で暮らす裁判官のティエン(ニー・ダーホン)と妻(ジェン・ジェン)はひとり娘を事故で亡くしてから完全に生きる気力を失っていた。仕事だけは淡々とこなしていたが、ある日、窃盗で捕まった青年を裁判にかけることに。青年が自分の腎臓と適合すると知った地元の有力者、リー社長は死刑が執行されるよう手回しするが、ティエンは法に従いその青年に極刑を宣告する。しかし判決後に刑法が変わりその青年は極刑を免れることに。そして刑執行当日、ティエンはある行動にでる――。

スタッフ

監督

リウ・ジエ

キャスト

作品データ

  • 2011年3月5日よりシアター・イメージフォーラム、銀座シネパトスほか全国にて順次公開
  • 原題透析
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2009 3C FILMS CO., LTD All Rights Reserved
ジャンル
感情タグ
page top