『サラの鍵』作品情報

2011年12月17日 公開の映画作品

あらすじ

1942年、ナチス占領下のパリで行われたユダヤ人迫害。それから60年後、ジャーナリストのジュリアはアウシュビッツに送られた家族について取材を重ねていた。そこで、収容所から逃亡した少女サラについての秘密を知る。サラが自分の弟を守ろうと、納戸に鍵をかけて弟を隠したこと。さらに、そのアパートが実は現在のジュリアのアパートだったこと。時を超え、明らかになった悲しい真実がジュリアの運命を変えていく――。第23回東京国際映画祭にて監督賞と観客賞を受賞。

スタッフ

監督

ジル・パケ=ブランネール

キャスト

作品データ

  • 2011年12月17日より銀座テアトルシネマ、新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開
  • 原題Sara’s Key
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2010 - Hugo Productions - Studio 37 - TF1 Droits Audiovisuel - France2 Cinéma
ジャンル
感情タグ

『サラの鍵』関連記事

満席続出の大ヒット! 『サラの鍵』の重要シーン映像を公開 画像
スクープ

満席続出の大ヒット! 『サラの鍵』の重要シーン映像を公開

昨年の東京国際映画祭にて最優秀監督賞と観客賞のW受賞を果たしてから1年、多くの支持と共感の声を集めた『サラの鍵』が先週末より公開され、満席続出の大ヒットスタートとなった。公開初日には、30代以上の女性や夫婦を中心に朝から長蛇の列をなし、急遽上映回数を増やすなどの対応が迫られる高稼働に。このほどシネマカフェには、本作の重要なシーンの一つである本編映像が特別に到着! そこで描かれるドラマとは…。

人生の岐路に見る女性の力強さ、そして希望 『サラの鍵』女性読者アンケート発表 画像
レポート

人生の岐路に見る女性の力強さ、そして希望 『サラの鍵』女性読者アンケート発表

いままで多くを語られることのなかった、フランス・パリでのユダヤ人迫害事件“ヴェルディヴ事件”に隠された一人の少女の苛酷な運命と、時代を超えて彼女の残した足跡をたどる一人の女性ジャーナリストの運命の交錯を描いた、珠玉のヒューマン・ドラマ『サラの鍵』が12月17日(土)より公開となる。シネマカフェではこれに先駆けて開催した女性限定試写会で、本作で描かれる女性としての生き方への共感についてアンケートを実施した。そこで集められた回答には、新しい一年に向けての力強いメッセージが多く込められていた。

【シネマモード】傷ついても探求する、女の人生 人生に迷うあなたに贈る『サラの鍵』 画像
コラム

【シネマモード】傷ついても探求する、女の人生 人生に迷うあなたに贈る『サラの鍵』

知らないということは、無邪気に生きられるということだ。それが、『サラの鍵』を観て、まず感じたことだった。この作品は、パリで1942年に起きたユダヤ人迫害事件「ヴェルディヴ事件」を題材に、ホロコーストを生き抜いた女性・サラと、現代に生きるジャーナリストのジュリアとが、時を超えて人生を交差させていく物語だ。

page top