『ミラノ、愛に生きる』作品情報

2011年12月23日 公開の映画作品

あらすじ

ミラノの裕福なレッキ家の家長は引退を決意し、会社の実権を息子・タンクレディと孫のエドアルド・Jrに譲った。エドは親友でシェフのアントニオとともに、郊外にレストランをオープンする計画を立てている。タンクレディの妻・エンマは、旧ソ連生まれ、必死でイタリア語を覚え、息子たちを育てあげミラノの上流階級の生活に馴染もうと努力し、それなりに満足した生活を送っていた。しかし、居場所のない疎外感はぬぐえなかった。本当の自分を取り戻すために彼女がしたことは…。

スタッフ

監督

ルカ・グァダニーノ

キャスト

作品データ

  • 2011年12月23日よりBunkamuraル・シネマほか全国にて公開
  • 原題Io sono l'amore
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2009 First Sun & Mikado Film. All Rights Reserved
ジャンル
感情タグ

『ミラノ、愛に生きる』関連記事

【シネマモード】クールビューティが魅せる、最上の美に惚れる『ミラノ、愛に生きる』 画像
コラム

【シネマモード】クールビューティが魅せる、最上の美に惚れる『ミラノ、愛に生きる』

“女が憧れる女”っていますよね。仲良くなりたいとか、あんな風になりたいとか、そんな単純な話ではなく、とにかく惚れ惚れするほどカッコイイ女。私にとって、ティルダ・スウィントンもその一人。クールビューティの代表格で、ちょっと怖そう。男に対しても、女に対してもまったく媚がない。面白くなければ笑わない。でも、その様子はエ○カ様みたいに不躾な感じでは決してなく、極めてエレガントです。もちろん仕事についても、役選びの渋さといったら映画好きにはたまりません。『カラヴァッジオ』『エドワードII』『オルランド』『BLUE』『ザ・ビーチ』『アダプテーション』『サムサッカー』『ブロークン・フラワーズ』『フィクサー』、そして『ナルニア国物語』シリーズ。いずれも作家性の際立つ作品ばかり。役柄を思い出しても、実に癖のあるものばかり。そのおかげで、登場するだけで場面が引き締まり、緊張感があふれ出す。

ティルダ・スウィントン、“衣食住”が華麗なコラボ奏でる新作携え3度目の来日 画像
レポート

ティルダ・スウィントン、“衣食住”が華麗なコラボ奏でる新作携え3度目の来日

『フィクサー』('07)でアカデミー賞助演女優賞を獲得したティルダ・スウィントンが最新作『ミラノ、愛に生きる』(ルカ・グァダニーノ監督)を携え来日し、10月25日(火)、本作がプレミア上映された東京・千代田区のイタリア文化会館で舞台挨拶を行った。日本の地を踏むのは『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』のPR来日以来、約5年半ぶり3度目。「本当ならもっとたくさん来たい場所なの。日本のファンは私たちが作る少し奇妙な映画にも興味を示し、大切にしてくれるから、まるで“ホーム”にいるような感覚なのよ」と誰もが見とれる美貌で、笑みを浮かべた。

page top