『マシンガン・プリーチャー』作品情報

2012年2月4日 公開の映画作品

あらすじ

麻薬とアルコールに溺れていたサム(ジェラルド・バトラー)はある事件を機に改心し、アフリカの内紛に巻き込まれている子供たちを救おうと決意。内紛真っ只中のスーダンに孤児院と教会を建てるが、ゲリラ武装集団に襲われ、サムもやむなく武器を手にすることに。唯一の理解者で親友・ドニー(マイケル・シャノン)、愛妻・リン(ミシェル・モナハン)の支えを得て、活動を続けるうちに次第にサムは“マシンガン・プリーチャー(銃を持った牧師)”と呼ばれるようになり――。

スタッフ

監督

マーク・フォースター

キャスト

作品データ

  • 2012年2月4日よりヒューマントラストシネマ有楽町&渋谷ほか全国にて公開
  • 原題MACHINE GUN PREACHER
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© Ilze Kitshoff © 2011 MGP Productions, LLC. All Rights Reserved.
ジャンル
感情タグ

『マシンガン・プリーチャー』関連記事

マーク・フォースター監督インタビュー “男の中の男”ジェラルド・バトラーを語る 画像
インタビュー

マーク・フォースター監督インタビュー “男の中の男”ジェラルド・バトラーを語る

元麻薬売人という異色の経歴を持ち、ある出会いをきっかけにアフリカの内紛地域の子供たちの救出活動に身を投じている男、サム・チルダースの壮絶な半生を描いた『マシンガン・プリーチャー』。今なお紛争が続く危険地帯を実際に肌で感じ、衝撃的な真実を描き出したのは『007/慰めの報酬』でヒットメイカーの地位を確立したマーク・フォースター監督。前作の大ヒットから一転、全く毛色の異なる本作でメガホンを取った彼が発見した新境地とは——? 本作に込める想い、初タッグを組んだジェラルド・バトラーとの撮影話と共に語ってくれた。

GG賞ノミネートの歌声が感動を誘う、『マシンガン・プリーチャー』特別予告編が到着 画像
スクープ

GG賞ノミネートの歌声が感動を誘う、『マシンガン・プリーチャー』特別予告編が到着

たくさんの尊い命を無残にも奪う内戦が続いたスーダンで子供たちの救出活動を続け、“銃を持った牧師(マシンガン・プリーチャー)”と呼ばれる一人のアメリカ人、サム・チルダース。彼の数奇なる激動の半生を、ジェラルド・バトラーを主演に迎えて映画化した『マシンガン・プリーチャー』が2月4日(土)より公開される。主演のみならず製作総指揮も務めたジェラルドの渾身の演技はもちろん、これに加えて観る者の心に強く訴えるのが、本作で流れる主題歌である。公開に先駆けて、本年度ゴールデン・グローブ賞で主題歌賞にノミネートを果たしたクリス・コーネルが歌う主題歌が流れる特別版の予告編映像がシネマカフェ独占で到着した。

page top