『クロッシング・デイ』作品情報

2013年1月17日 公開の映画作品

あらすじ

ブライアンとポーリーは、まるで兄弟のようにサウスボストンのストリートで育った。彼らの住む地区で生きるという事は、喰うか喰われるかの生き残りに勝ち残るという事だった。最初は些細な犯罪や軽犯罪のつもりでも、やがて深刻な犯罪となり、最終的にパットが仕切る組織の支配下に身を落とす。ブライアンは益々ドラッグにハマり妻や彼の子供をないがしろにしてしまう。2人はとうとう逮捕され、5年服役するが服役中に問題を起こしてしまう。ポーリーは家族のいるブライアンをかばい自分1人の行為という事にした。先に刑期を終えたブライアンは家族の為に更生しようとする。一方ポーリーは“最後の大きなヤマ”を計画し、ブライアンを誘う。ブライアンは家族への思いとポーリーとの絆の間で気持ちが揺らいでしまう。彼らはこんな生活から抜け出したいと願っていた。

スタッフ

監督

ブライアン・グッドマン

キャスト

作品データ

  • 2013年1月17日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて公開
  • 原題What Doesn’t Kill You
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2008 RMC PRODUCTIONS, LLC ALL RIGHTS RESERVED.
ジャンル
感情タグ
page top