『青天の霹靂』作品情報

公開の映画作品

あらすじ

売れないマジシャン(大泉洋)、39歳のこの男。母にも捨てられ、絶縁状態だった父からは突然の訃報が届く。「俺は何のために生まれてきたのか…」絶望に暮れる彼に一閃――青天の霹靂。そして40年前の浅草にタイムスリップしてしまう。そこで出会ったのは若かりし日の父(劇団ひとり)と母(柴咲コウ)。ひょんなことから父とマジシャンコンビを組むことになった彼は、妊娠した母と父と時間を過ごすうち、次第に自身の出生の秘密が明らかになり…。

スタッフ

監督

劇団ひとり

キャスト

  • 大泉洋
  • 柴咲コウ
  • 劇団ひとり

作品データ

  • 2014年5月24日より全国東宝系にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2014 「青天の霹靂」製作委員会
ジャンル
感情タグ

『青天の霹靂』関連記事

『シン・ゴジラ』Amazon独占配信へ! 『バクマン。』『進撃の巨人』ほか話題作が見放題 画像
スクープ

『シン・ゴジラ』Amazon独占配信へ! 『バクマン。』『進撃の巨人』ほか話題作が見放題

Amazon Prime Videoでは、8月より東宝製作・配給の映画20作品以上を順次見放題配信することが決定した。

大泉洋映画祭開催! 『探偵はBARにいる』『アイアムアヒーロ―』など7作品を連続上映 画像
邦画ニュース

大泉洋映画祭開催! 『探偵はBARにいる』『アイアムアヒーロ―』など7作品を連続上映

大泉洋&松田龍平が演じる、探偵と相棒の活躍を描く大人気シリーズの第3弾『探偵はBARにいる3』

劇団ひとり、『青天の霹靂』撮影の苦悩を明かす「大泉洋が飯に誘ってくれなかった」 画像
レポート

劇団ひとり、『青天の霹靂』撮影の苦悩を明かす「大泉洋が飯に誘ってくれなかった」

マルチな才能を発揮する芸人・劇団ひとりの第2作目の書き下ろし小説を自ら監督を務め映画化した『青天の霹靂』…

大泉洋&柴咲コウの泣き芸に、“本家”劇団ひとり怒り「泣き芸は僕のもの」 画像
レポート

大泉洋&柴咲コウの泣き芸に、“本家”劇団ひとり怒り「泣き芸は僕のもの」

劇団ひとりの監督デビュー作『青天の霹靂』の初日舞台挨拶が5月24日(土)に行われ、ひとり監督と、主演の大泉洋と共演する柴咲コウが登壇。キャスト2人が“泣き芸”で挨拶すると、ひとり監督は「泣き芸は僕のものでしょ!

劇団ひとり、大泉洋に涙の抗議!? 「肉も魚も食うなって…」 画像
レポート

劇団ひとり、大泉洋に涙の抗議!? 「肉も魚も食うなって…」

劇団ひとりが5月20日(火)、都内で行われた監督デビュー作『青天の霹靂』の公開直前プレミアに、主演の大泉洋、柴咲コウと共に出席し…

【ご招待】『青天の霹靂』試写会に10組20名様 画像
イベント

【ご招待】『青天の霹靂』試写会に10組20名様

売れないマジシャン、39歳のこの男。母にも捨てられ、絶縁状態だった父からは突然の訃報が届く。「俺は何のために生まれてきたのか…」絶望に暮れる彼に一閃…

劇団ひとり、演技を自画自賛! 大泉洋&柴咲コウは「腹立った」「理想高い」と不満爆発 画像
レポート

劇団ひとり、演技を自画自賛! 大泉洋&柴咲コウは「腹立った」「理想高い」と不満爆発

自著「青天の霹靂」の映画化で監督デビューを飾った劇団ひとりが4月14日(月)、都内で行われた完成披露試写会に出席。俳優として出演もしており、「役者として素晴らしい」「もっと売れるべき」と演技を自画自賛!

【予告編】大泉洋が号泣? 「ミスチル」主題歌入り『青天の霹靂』 画像
スクープ

【予告編】大泉洋が号泣? 「ミスチル」主題歌入り『青天の霹靂』

大泉洋が主人公の売れないマジシャンに扮し、お笑い芸人・劇団ひとりが自らメガホンをとり、2作目の書き下ろし小説の映画化で監督デビューを果たす『青天の霹靂』

劇団ひとりに“青天の霹靂” 監督デビュー作の主題歌に「ミスチル」! 画像
スクープ

劇団ひとりに“青天の霹靂” 監督デビュー作の主題歌に「ミスチル」!

お笑い芸人の枠を超え、作家・俳優とマルチな才能を発揮する芸人・劇団ひとりの第2作目の書き下ろし小説を自らメガホンを握り、大泉洋&柴咲コウをキャストに迎えて映画化した『青天の霹靂』。

劇団ひとり初監督『青天の霹靂』クランクアップ…大泉洋、柴咲コウら共演 画像
スクープ

劇団ひとり初監督『青天の霹靂』クランクアップ…大泉洋、柴咲コウら共演

お笑いの枠を超えて、作家、俳優と、マルチな才能を発揮する芸人・劇団ひとり。今回、自身の書き下ろし小説2作目『青天の霹靂』を、劇団ひとりみずからが映画監督として初めてメガホンをとり映画化、去る9月11日にクランクアップを迎えた。

劇団ひとり、自身の小説映画化で監督デビュー 大泉洋は柴咲コウの“息子”役 画像
スクープ

劇団ひとり、自身の小説映画化で監督デビュー 大泉洋は柴咲コウの“息子”役

お笑い芸人・劇団ひとりが、自らの書き下ろし小説「青天の霹靂」を、自らが初のメガホンを握り映画化することが決定! さらに、メインキャストに大泉洋、柴咲コウの2人がキャスティングされていることが明らかとなった。

page top