『クライマー パタゴニアの彼方へ』作品情報

公開の映画作品

あらすじ

雄大なパタゴニアの自然を背景に、クライミング界の“若き天才”デビッド・ラマが、世界一登頂が困難とされる“セロ・トーレ”の悪名高き南東稜に挑む。この花崗岩の尖塔をフリークライミングで登頂した者は、未だかつて存在しない。そして今、その第一人者に名乗りを上げたのが、デビッド・ラマとそのパートナー、ペーター・オルトナー。自然の条件やロジスティカルな面での困難に直面しながら、デビッドは自らの挑戦における真の本質を見出すようになり、山頂に辿り着く為に不可欠なものに気付き始める。山を登る行為、仲間との絆、そして変化をテーマとした本作は、一人の人間が成長していく姿を映しながらも、ロッククライミングとアルピニズムの在り方を捉え、それらが持つ多くの哲学及び倫理的問題に迫っていく。

スタッフ

監督

トーマス・ディルンホーファー

キャスト

作品データ

  • 2014年8月30日より新宿ピカデリーほか全国にて公開
  • 原題Cerro Torre
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2013 Red Bull Media House GmbH
ジャンル
感情タグ

『クライマー パタゴニアの彼方へ』関連記事

【特別映像】映画で観る“絶景” 世界で最も険しく&美しい場所・パタゴニア 画像
洋画ニュース

【特別映像】映画で観る“絶景” 世界で最も険しく&美しい場所・パタゴニア

クライミング界の“若き天才”と呼ばれるデビッド・ラマが、命綱と素手だけを頼りに南米パタゴニアの鋭峰“セロ・トーレ”を目指す道のりを追ったクライミング・ドキュメンタリー

お笑いコンビ「三四郎」芸能イベントに初登場! 「いま売れかけ」と勢い語る 画像
レポート

お笑いコンビ「三四郎」芸能イベントに初登場! 「いま売れかけ」と勢い語る

お笑いコンビ「三四郎」の小宮浩信と相田周二が、8月28日(木)芸能イベントに初登壇した。彼らの記念すべき初イベントとなったのは、今週末より公開される映画『クライマー パタゴニアの彼方へ』。

【インタビュー】クライミング界の若き天才に“あの質問”を訊いてみた 「なぜ山に登るのか?」 画像
インタビュー

【インタビュー】クライミング界の若き天才に“あの質問”を訊いてみた 「なぜ山に登るのか?」

――なぜ山に登るのか?

“クライミング界の若き天才”が緊急来日! 無謀過ぎる挑戦に平山ユージ「頭がおかしい(笑)」 画像
レポート

“クライミング界の若き天才”が緊急来日! 無謀過ぎる挑戦に平山ユージ「頭がおかしい(笑)」

2008年のW杯チャンピオンで“クライミング界の若き天才”と称えられる、世界のトップクライマーのデビッド・ラマが、8月末より公開される自身のドキュメンタリー映画『クライマー パタゴニアの彼方へ』を携えて来日。

【ご招待】『クライマー パタゴニアの彼方へ』試写会に20組40名様 画像
イベント

【ご招待】『クライマー パタゴニアの彼方へ』試写会に20組40名様

〆切り:8月8日(金)

【特報映像】標高3,128mの垂壁に“素手”で挑む…『クライマー パタゴニアの彼方へ』 画像
スクープ

【特報映像】標高3,128mの垂壁に“素手”で挑む…『クライマー パタゴニアの彼方へ』

クライミング界の“若き天才”と呼ばれるデビッド・ラマが、命綱と素手だけを頼りに南米パタゴニアの鋭峰“セロ・トーレ”を目指す道のりを追ったクライミング・ドキュメンタリー

page top