『この国の空』作品情報

公開の映画作品

あらすじ

昭和20年、終戦間近の東京。19歳の里子は母親と杉並区の住宅地に暮らしている。度重なる空襲に怯え、雨が降ると雨水が流れ込んでくる防空壕、日に日に物価は高くなり、まともな食べ物も口には出来ないが、健気に生活している。妻子を疎開させた銀行支店長の市毛が隣に住んでいる。日に日に戦況が悪化していくなか、自分は男性と結ばれることなく、戦争で死んでいくのだろうか。その不安を抱えていた。市毛の身の回りの世話をしていく中でで、いつしか里子の中の「女」が目覚めていくのだが―。

スタッフ

監督

荒井晴彦

キャスト

作品データ

  • 2015年8月8日よりテアトル新宿、丸の内TOEI、シネ・リーブル池袋ほか全国にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2015「この国の空」製作委員会
ジャンル
感情タグ

『この国の空』関連記事

二階堂ふみ、戦争映画への思い「再び戦争を起こさないために…」 画像
レポート

二階堂ふみ、戦争映画への思い「再び戦争を起こさないために…」

女優の二階堂ふみが8月6日(木)、都内で行われた主演作『この国の空』公開記念トークイベントに出席。戦時下を生きる19歳の主人公を演じ、「再び戦争を起こさないために、映画を通して、平和な日本と向き合い、考えてもらえれば」と思いを語った。

【インタビュー】二階堂ふみ「これは恋ではない」 女への開花体現した『この国の空』 画像
インタビュー

【インタビュー】二階堂ふみ「これは恋ではない」 女への開花体現した『この国の空』

終戦70年を迎えるこの夏、「あの戦争」を見つめ直す大小さまざまな日本映画が公開されている。女優・二階堂ふみが主演する『この国の空』(荒井晴彦監督)もそのひとつ。沖縄生まれの二階堂さんが「こういう作品に出演したかった」と語る本作にこめた思いとは?

長谷川博己、二階堂ふみの成長にドギマギ? 『この国の空』で2度目の共演 画像
レポート

長谷川博己、二階堂ふみの成長にドギマギ? 『この国の空』で2度目の共演

終戦70周年を記念し製作された『この国の空』の完成披露試写会が7月16日(木)、都内で行われ、主演の二階堂ふみをはじめ、長谷川博己、工藤夕貴、富田靖子、荒井晴彦監督が登壇した。

二階堂ふみ、“女”に目覚める少女を熱演…戦時を生き抜く女たちに注目 画像
邦画ニュース

二階堂ふみ、“女”に目覚める少女を熱演…戦時を生き抜く女たちに注目

演技派女優・二階堂ふみと長谷川博己を主演に迎え、芥川賞作家・高井有一の同名小説を基に映画化した『この国の空』。いままで戦地に…

二階堂ふみ主演『この国の空』NYで上映! 母親役・工藤夕貴からコメント到着 画像
邦画ニュース

二階堂ふみ主演『この国の空』NYで上映! 母親役・工藤夕貴からコメント到着

終戦70年の今年、二階堂ふみを主演に『海を感じる時』の脚本家・荒井晴彦が18年ぶりに監督を務める渾身作『この国の空』。このほど、本作が北米最大

page top