『サウルの息子』作品情報

公開の映画作品

あらすじ

1944年10月、アウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所。サウルは、ハンガリー系のユダヤ人で、ゾンダーコマンドとして働いている。ゾンダーコマンドとは、ナチスが選抜した、同胞であるユダヤ人の屍体処理に従事する特殊部隊のことである。ある日、サウルはガス室で生き残った息子とおぼしき少年を発見する。少年はすぐさま殺されてしまうのだが、サウルはなんとかラビ(ユダヤ教の聖職者)を捜し出し、ユダヤ教の教義にのっとって手厚く埋葬してやろうと収容所内を奔走する。

スタッフ

監督

ネメシュ・ラースロー

キャスト

  • ルーリグ・ゲーザ
  • モルナール・レヴェンテ
  • ユルス・レチン

作品データ

  • 2016年1月23日より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて公開
  • 原題Saul Fia
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2015 Laokoon Filmgroup
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ
page top