『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど』作品情報

公開の映画作品

あらすじ

台湾に住む元気いっぱいの女の子リン(ジェン・マンシュー)。日本のドラマやアニメが大好きで、通っている大学でも日本語を専攻するくらいの立派なジャパオタ。日本を襲った震災の話で世界が揺れているとき、リンのFacebookに1通のメッセージが届いた。日本人青年からのメッセージだった。彼の名前は「モギ」。モギ(中野裕太)は震災で復興支援に協力的な台湾の国民性や親日感情を知り、興味を抱き、まだ見ぬリンにメッセージを送ったのだった。友達申請を承諾したリンは、茂木とのFacebookでのやり取りが始まった。内容はたわいもない事や、日本の事、お互いの悩みや日々の出来事。そして迎えたゴールデンウィーク。台湾で初めて顔を合わせる2人。その時間はあっと言う間だったが、2人の距離はより一層縮まり、その日を境に、たわいもなかったFacebook上でのチャットがリンとモギとのオンラインデートとなった。内容は相変わらずだったが、2人は幸せだった。お互いの気持ちはいつしか海を越えた。

スタッフ

監督

谷内田彰久

キャスト

作品データ

  • 2017年5月27日より新宿シネマカリテほか全国にて順次公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© “Mamadame” production committee 201
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ
page top