ドキュメンタリー/ アート/ 音楽 『バスキア、10代最後のとき』作品情報

公開の映画作品

あらすじ

1978年、NYのイースト・ビレッジで路上生活をしながら、友人の家のソファで寝ていた18歳の青年がいた。のちに、新時代を代表するアーティストとなり、27歳という若さでこの世を去った画家、ジャン=ミシェル・バスキアだ。破綻し暴力に溢れた70年~80年代のNYには、彼の心を動かし、触発したムーブメントがあった。政治、人種問題、ヒップホップ、パンクロック、ファッション、文学、アート・シーン…それらのすべてが彼をアーティストとして育てていく。名声を得る前のバスキアの生活、NYとその時代、そしてどのように天才アーティストは生まれたのか、バスキア没後30年のいま、その真実に迫る。

スタッフ

監督

サラ・ドライバー

キャスト

  • アレクシス・アドラー
  • ファブ・5・フレディ
  • リー・キュノネス
  • ジム・ジャームッシュ
  • パトリシア・フィールド

作品データ

  • 2018年12月下旬、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国にて順次公開
  • 原題BOOM FOR REAL:The Late Teenage Years of Jean-Michel Basquiat
  • 製作年2017
  • 製作国アメリカ
  • 上映時間79分
  • 映倫区分
  • 配給会社セテラ・インターナショナル
  • クレジット©2017 Hells Kitten Productions, LLC. All rights reserved. LICENSED by The Match Factory 2018 ALL RIGHTS RESERVED Licensed to TAMT Co., Ltd. for Japan
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ
page top