ドキュメンタリー/ アート 『ゴッホとヘレーネの森 クレラー・ミュラー美術館の至宝』作品情報

2019年10月25日 公開の映画作品

あらすじ

1890年に自ら命を絶ったゴッホ。生前は作品が評価される機会も少なく、死後は遺族がほとんどの作品を所有していたため、無名の存在に近かった。そんなゴッホの作品と出会い、個人収集家としては最大規模の300点(うち油彩は85点)を収集したのはヘレーネ・クレラー=ミュラー。オランダ有数の資産家であり、4人の子供の母でもあった彼女は、1906年頃から絵画のコレクションを始めた。彼女の興味はゴッホが影響を受けた画家たちにも広がり、一大コレクションは1938年にクレラー=ミュラー美術館として結実した。彼の作品を収集し美術館まで設立したある人物を通して、ゴッホの人物象と作品に迫るアート・ドキュメンタリー。

cocoレビューを見る

スタッフ

監督

ジョヴァンニ・ピスカーリオ

キャスト

  • ヴァレリア・ブルーニ・テデスキガイド役

作品データ

ジャンル
感情タグ

この作品が気になる人には、こちらもおすすめ

page top