『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』作品情報

2019年9月7日 公開の映画作品

あらすじ

舞台は19世紀ロシア、サンクトペテルブルグ。 14才の貴族の子女サーシャには悩みがあった。1年前に北極航路の探検に出たきり帰ってこない大好きな祖父。探索船は出たものの未だ行方が分からない。祖父と家族の名誉は失われ、祖父の名を冠する予定だった科学アカデミーの図書館も開館が危ぶまれている。ロシア高官の父は、そんな状況にあって、なんとかローマ大使の道を模索するが、そのためには社交界デビューの娘が皇帝の甥っ子に気に入られるしかないと考えている。社交界デビューの日、サーシャは祖父の部屋から航路のメモを見つけ、捜索船がたどったものとは異なる事に気付く。再び捜索船を出して欲しいとサーシャは舞踏会の場で王子に懇願するが受け入れられない。王子の不興を買い、父からの叱責を受けた娘は、自ら祖父の居場所を突き止めようと決意する…。

cocoレビューを見る

予告動画・特別映像

  • 『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』予告 『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』予告

スタッフ

監督

レミ・シャイエ

キャスト

作品データ

  • 2019年9月7日より東京都写真美術館ほか全国にて順次公開
  • 原題TOUT EN HAUT DU MONDE
  • 製作年2015
  • 製作国フランス・デンマーク
  • 上映時間81分
  • 映倫区分G
  • 配給会社太秦/リスキット
  • クレジット© 2015 SACREBLEU PRODUCTIONS / MAYBE MOVIES / 2 MINUTES / FRANCE 3 CINEMA / NØRLUM / Riskit Inc.
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ
page top