『貞観盛事』作品情報

2019年11月2日 公開の映画作品

あらすじ

時は中国唐の時代、貞観年間。皇帝・李世民は優れた政治力で国を治めていた。諫議大夫の任にある魏徴の200余りの諫言を聞き入れ、絶えず有益な事業を興して無益な事業を廃し、古きを改め新しきを求めたので、国勢は振起し、国庫は満ち、国力隆盛の太平の世が形成されつつあった。そんな中、各地の諸侯が来朝するように。貞観九年、魏徴は命を受け、地方を視察した。そして各地の役人の間に次第に贅沢三昧の気風が満ち、民の生活を脅かす不法行為も発生していることを知る。これと同じ頃、都では国舅である長孫無忌が、ある異国の美女を「敗け」の掛け金として李世民に与え、自分は隋朝の旧臣である鄭仁基の娘・月娟を無理やり娶ろうとしていた。これを聞いた魏徴は、折よく長孫無忌が宴会を催す機を利用して、鄭仁基を李世民に推挙し、月娟らに皇帝に直に陳情する機会を与えたので、長孫無忌の企みは達成されずに終わった。翌日の早朝、魏徴は自身の安危を顧みず、毅然と上奏し、率直に時の弊害を述べた。また、「隋は贅沢ゆえに滅んだ」との教訓を引用して、李世民に対し、人民の利益を第一に考え、後宮の官女たちを解放し、皇室自ら臣下に手本を示すよう諫言した。大勢の臣下の面前で戒められ、李世民は一時魏徴に対し不快感を露にする。その後、李世民は後宮の官女が大勢居並ぶのを目の当たりにした。長孫皇后の言葉にも啓発され、深く後悔して、その夜すぐ、自ら魏徴の屋敷へ赴いた。

cocoレビューを見る

予告動画・特別映像

  • 『京劇3D 「曹操と楊修」「貞観盛事」』予告編 『京劇3D 「曹操と楊修」「貞観盛事」』予告編

スタッフ

監督

トン・ジュンチエ

キャスト

作品データ

  • 2019年11月2日公開
  • 原題
  • 製作年2019
  • 製作国中国
  • 上映時間122分
  • 映倫区分G
  • 配給会社吉本興業株式会社
  • クレジット
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

この作品が気になる人には、こちらもおすすめ

page top