『燃ゆる女の肖像』作品情報

2020年12月4日 公開の映画作品

あらすじ

18世紀、フランス、ブルターニュの孤島。望まぬ結婚を控える貴族の娘と、彼女の肖像を描く女性画家。結ばれるはずのない運命の下、一時の恋が永遠に燃え上がる。 画家のマリアンヌはブルターニュの貴婦人から、娘のエロイーズの見合いのための肖像画を頼まれる。だが、エロイーズ自身は結婚を拒んでいた。身分を隠して近づき、孤島の屋敷で密かに肖像画を完成させたマリアンヌは、真実を知ったエロイーズから絵の出来栄えを否定される。描き直すと決めたマリアンヌに、意外にもモデルになると申し出るエロイーズ。キャンバスをはさんで見つめ合い、美しい島を共に散策し、音楽や文学について語り合ううちに、恋におちる二人。約束の5日後、肖像画はあと一筆で完成となるが、それは別れを意味していた─。

cocoレビューを見る

スタッフ

監督・脚本

セリーヌ・シアマ

キャスト

  • アデル・エネルエロイーズ
  • ノエミ・メルラン

作品データ

  • 2020年12月4日よりTOHO シネマズシャンテ、Bunkamura ル・シネマほか全国にて公開
  • 原題Portrait de la jeune fille en feu
  • 製作年2019
  • 製作国フランス
  • 上映時間112分
  • 映倫区分PG12
  • 配給会社ギャガ
  • クレジット©Lilies Films.
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『燃ゆる女の肖像』関連記事

『燃ゆる女の肖像』求め合うふたりの心を音楽が近づける…本編映像入手 画像
洋画ニュース

『燃ゆる女の肖像』求め合うふたりの心を音楽が近づける…本編映像入手

『燃ゆる女の肖像』から、主人公のふたりの女性の心が初めて近づく、印象的な本編シーン映像を独占入手。

【インタビュー】アデル・エネル、もどかしさを感じるようなリズムで…『燃ゆる女の肖像』は1つの旅路 画像
インタビュー

【インタビュー】アデル・エネル、もどかしさを感じるようなリズムで…『燃ゆる女の肖像』は1つの旅路

いまを生きる女性にもつながる数々の問題を鮮やかに革新的に描き出し、カンヌ国際映画祭脚本賞とクィア・パルム賞をW受賞した『燃ゆる女の肖像』から、アデル・エネルのインタビューを独占入手。

『燃ゆる女の肖像』女性たちの縮まる距離と“視線”を感じる 新場面写真一挙到着 画像
洋画ニュース

『燃ゆる女の肖像』女性たちの縮まる距離と“視線”を感じる 新場面写真一挙到着

カンヌ脚本賞とクィアパルム賞をW受賞した『燃ゆる女の肖像』から、女性画家と貴族の娘が徐々に距離を縮めていく様子と、彼女たちの視線を堪能する新場面写真10枚が一挙に到着。

全てをその目に焼き付ける…『燃ゆる女の肖像』18世紀の忘れ去られた女性画家の恋 画像
洋画ニュース

全てをその目に焼き付ける…『燃ゆる女の肖像』18世紀の忘れ去られた女性画家の恋

女性監督セリーヌ・シアマが手掛ける『燃ゆる女の肖像』から、炎とともに佇む女性の姿が強い印象を残す日本版ビジュアルと圧倒的な映像美が伺える新場面写真が一挙に解禁。

カンヌ脚本賞受賞! 貴族の娘と女性画家の愛の物語『燃ゆる女の肖像』公開 画像
洋画ニュース

カンヌ脚本賞受賞! 貴族の娘と女性画家の愛の物語『燃ゆる女の肖像』公開

昨年、カンヌ国際映画祭で脚本賞とクィアパルム賞をW受賞したフランス映画『燃ゆる女の肖像』の日本公開が決定。日本版予告編も到着した。

page top