哲学 『オルフェの遺言 ‐私に何故と問い給うな-』作品情報

1962年6月1日 公開の映画作品

あらすじ

「オルフェ」の終幕近い場面から始まる、コクトーの映画による遺書といえる作品。コクトーはまず、教授の息子の所に忽然と現れる。父は死んだ――との返事に、再び姿をかき消して、今度は子供をあやす母のもとへ。戻りすぎてしまった。時空をさまよい続ける詩人には教授の研究が必要なのだ。驚いて子を落とす母。次に詩人が現れたのは車椅子で死期の近い教授。またも進みすぎ。だが、老人が掌中から落とした小箱が彼を、教授の現役時代に運んだが……。

cocoレビューを見る

スタッフ

監督・脚本

ジャン・コクトー

キャスト

  • ジャン・コクトーPoet
  • エドアール・デルミCegeste
  • マリア・カザレスPrincess
  • フランソワ・ペリエHeurtebise
  • ジャン=ピエール・レオSchoolboy
  • ニコール・クールセルYoung Mother
  • フランソワーズ・クリストフNurse

作品データ

  • 原題LE TESTAMENT D'ORPHEE OU NE ME DEMANDEZ PAS POURQUOI/TESTAMENT OF ORPHEUS
  • 製作年1960
  • 製作国フランス
  • 上映時間79分
  • 映倫区分G
  • 配給会社東和
  • クレジット
ジャンル
感情タグ
page top