ドキュメンタリー/ 社会派 『地球で最も安全な場所を探して』作品情報

2021年2月20日 公開の映画作品

あらすじ

”核のごみ”をどこに捨てる?原発推進論者の科学者が”世界一安全な場所”を探す旅― この601年間で、高レベル放射性廃棄物35万トン以上が世界で蓄積された。それらの廃棄物は数万年にわたって、人間や環境に害を与えない安全な場所に保管する必要があるが、そうした施設が世界中で十分に整備されないまま”核のごみ”は増え続けている。そんな中、英国出身でスイス在住の核物理学者で、国際的に廃棄物貯蔵問題専門家としても高名なチャールズ・マッコンビーが、世界各地の同胞たちとこの問題の解決に取り組む姿をエドガー・ハーゲン監督が撮影。アメリカ・ユッカマウンテン、英国・セラフィールド、中国・ゴビ砂漠、青森県六ケ所村、スウェーデン、スイスなど各国の最終処分場や候補地を巡る旅に出る。果たして彼らは世界に10万年後も安全な”楽園”を見つけることはできるのか―。

cocoレビューを見る

スタッフ

監督

エドガー・ハーゲン

キャスト

  • チャールズ・マッコンビー

作品データ

  • 2021年2月20日よりシアター・イメージフォーラムほか全国にて公開
  • 原題Journey to the safest place on earth
  • 製作年2013
  • 製作国スイス
  • 上映時間100分
  • 映倫区分G
  • 配給会社きとくびと
  • クレジット
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

この作品が気になる人には、こちらもおすすめ

page top