※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

戦争/ ドラマ 『キャロル・オブ・ザ・ベル 家族の絆を奏でる詩(うた)』作品情報

2023年7月7日 公開の映画作品 劇場公開

あらすじ

舞台は1939年1月、ウクライナのイバノフランコフスク(当時はポーランド領スタニスワヴフ)。偶然、同じ屋根の下で暮らすことになった、ウクライナ、ユダヤ、ポーランドの3家族だったが、まもなく第2次大戦が開戦。さまざまな運命が重なり、家族から引き離されてしまったポーランド、ユダヤ人の娘たち、そして、ナチス・ドイツの子どもさえも「この子に罪はない」と、一人残されたウクライナ人の母は、自分の子どもたちと同じよう懸命に戦火から守り抜くーウクライナの民謡をもとに生まれた有名な楽曲<キャロル・オブ・ザベル>の歌に支えられ、ひたむきに生き続ける戦時下の家族の姿を描き出した。

予告動画・特別映像

  • 『キャロル・オブ・ザ・ベル 家族の絆を奏でる詩』予告編 『キャロル・オブ・ザ・ベル 家族の絆を奏でる詩』予告編
  • 『キャロル・オブ・ザ・ベル 家族の絆を奏でる詩』本編映像《「キャロル・オブ・ザ・ベル」の歌唱》 『キャロル・オブ・ザ・ベル 家族の絆を奏でる詩』本編映像《「キャロル・オブ・ザ・ベル」の歌唱》

スタッフ

監督

オレシア・モルグレッツ=イサイェンコ

キャスト

  • ヤナ・コロリョーヴァ
  • アンドリー・モストレーンコ
  • ヨアンナ・オポズダ
  • ポリナ・グロモヴァ
  • フルィスティーナ・オレヒヴナ・ウシーツカ

作品データ

  • 7月7日(金)新宿武蔵野館、シネスイッチ銀座、アップリンク吉祥寺ほか全国公開
  • 原題Carol of the Bells
  • 公開日 2023年7月7日
  • 製作年2021
  • 製作国ウクライナ・ポーランド
  • 上映時間122分
  • 映倫区分G
  • 配給会社彩プロ
  • クレジット(C)MINISTRY OF CULTURE AND INFORMATION POLICY OF UKRAINE, 2020 – STEWOPOL SP.Z.O.O., 2020
ジャンル
感情タグ

この作品が気になる人には、こちらもおすすめ

page top