高良健吾(3 ページ目)

『横道世之介』高良健吾×綾野剛が魅せる男子の友情に胸キュン&ほっこり? 画像

『横道世之介』高良健吾×綾野剛が魅せる男子の友情に胸キュン&ほっこり?

「パレード」や「悪人」など著作が次々と映画化されている吉田修一の同名小説を、高良健吾&吉高由里子をメインキャスト迎え、『キツツキと雨』の沖田修一監督が実写映画化する『横道世之介』。

上戸彩が包丁侍を支える妻に!『武士の献立』共演は高良健吾、西田敏行、余喜美子ら 画像

上戸彩が包丁侍を支える妻に!『武士の献立』共演は高良健吾、西田敏行、余喜美子ら

堺雅人を主演に迎え大ヒットを記録した、そろばん侍を描いや『武士の家計簿』。同作を手がけた松竹が今度は上戸彩を主演に迎え、包丁侍を支える妻を描く『武士の献立』の製作がこのたび決定した。さらに、高良健吾、西田敏行、余喜美子ら豪華俳優陣の出演が明らかになった。

高良&吉高『蛇にピアス』コンビ再び!『横道世之介』試写会に20組40名様ご招待 画像

高良&吉高『蛇にピアス』コンビ再び!『横道世之介』試写会に20組40名様ご招待

横道世之介(高良健吾)は、長崎の港町生まれ。大学進学のために上京したばかりの18歳。嫌みのない図々しさを持つが、人の頼みは断れないお人好し。世之介に起こったある出来事から呼び覚まされた、愛しい日々と優しい記憶の数々。…

【TIFFレポート】高良健吾、吉高由里子との共演は「予期せぬことが起きて楽しい」 画像

【TIFFレポート】高良健吾、吉高由里子との共演は「予期せぬことが起きて楽しい」

吉田修一の同名人気小説の映画化した『横道世之介』が10月27日(土)、第25回東京国際映画祭にて特別招待作品としてお披露目となり、主演の高良健吾と沖田修一監督が舞台挨拶に立った。

高良健吾×「アジカン」コラボ再び!? 『横道世之介』主題歌が決定 画像

高良健吾×「アジカン」コラボ再び!? 『横道世之介』主題歌が決定

2010年本屋大賞3位、第23回柴田錬三郎賞を受賞した吉田修一著の話題作を、メインキャストに高良健吾&吉高由里子を迎え、『キツツキと雨』の沖田修一監督が実写映画化する『横道世之介』。このたび、本作の主題歌が「アジカン」ことロックバンド「ASIAN KUNG-FU GENERATION」の新曲「今を生きて」に決定!

“踊る”高良健吾!? 『横道世之介』特報映像が解禁 画像

“踊る”高良健吾!? 『横道世之介』特報映像が解禁

人気小説家・吉田修一による青春感動巨編を、メインキャストに高良健吾、吉高由里子を迎えて、『キツツキと雨』の沖田修一監督が実写映画化する『横道世之介』。本作の公開に先駆け、このたび太陽の姿に扮した高良さん演じるサンバサークルメンバーの世之介が、軽快なステップでサンバを披露する姿が収められたユニークな特報映像が到着!

『きいろいゾウ』豪華キャスト決定! 大杉漣、高良健吾らも動物・植物役で参加 画像

『きいろいゾウ』豪華キャスト決定! 大杉漣、高良健吾らも動物・植物役で参加

ベストセラー作家・西加奈子の人気小説を原作として、宮﨑あおいと向井理が夫婦役で初共演を果たす映画『きいろいゾウ』の公開日が“夫婦の日”である2013年2月2日(土)に決定! さらに人気子役の濱田龍臣、浅見姫香、本田望結、そして柄本明、松原智恵子、リリー・フランキー、緒川たまきといった実力派俳優が出演することが明らかとなった。

きたろう&余貴美子が高良健吾の両親に!? 『横道世之介』新キャスト続報! 画像

きたろう&余貴美子が高良健吾の両親に!? 『横道世之介』新キャスト続報!

人気小説家・吉田修一著による青春感動巨編を、『南極料理人』、『キツツキと雨』の沖田修一監督がメインキャストに高良健吾、吉高由里子を迎えて実写映画化する『横道世之介』。若手キャストが一堂に集結する本作に出演する新キャストの名前がこのほど発表となった。

激突!2つの魂&コンプレックス 『苦役列車』森山未來×高良健吾インタビュー 画像

激突!2つの魂&コンプレックス 『苦役列車』森山未來×高良健吾インタビュー

Sのように見えて、“俳優SM度”を判定したら間違いなくドMの部類に入る2人である。昨年、話題をさらった『モテキ』でドラマに続いて観る者の心が折れそうになるくらい痛々しい中二病の主人公を熱演した森山未來に、『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』、『白夜行』、『軽蔑』とその生々しい存在感で現世の闇とも言うべき作品の世界観を体現してきた高良健吾。そんな2人が共演するのにこれ以上ふさわしい映画があるだろうか? 現代の稀少な無頼派作家として注目を浴びる西村賢太の芥川賞受賞作を映画化した『苦役列車』で若き2つの才能が激突した。西村氏が「一人の落伍者の内面描写が眼目」と語った本作。映画で描かれる80年代の半ばに生を享けた2人はどのように挑んだのか? 公開を前に話を聞いた。

久々に共演の高良健吾&吉高由里子 「計算してない」「寄りかかれる」と互いを絶賛! 画像

久々に共演の高良健吾&吉高由里子 「計算してない」「寄りかかれる」と互いを絶賛!

吉田修一の同名人気小説を原作とした映画『横道世之介』の千葉県内での撮影の模様が5月6日(日)、報道陣に公開され、撮影後には主演の高良健吾、吉高由里子、沖田修一監督による記者会見が行われた。

高良健吾×水川あさみ、深い信頼関係で乗り越えた“新境地”「罪と罰」スタート 画像

高良健吾×水川あさみ、深い信頼関係で乗り越えた“新境地”「罪と罰」スタート

WOWOWの連続ドラマW「罪と罰 A Falsified Romance」の制作発表会見が4月11日(水)、東京・銀座の時事通信ホールで行われ、主演の高良健吾と共演の水川あさみが出席した。文豪・ドストエフスキーの名作をモチーフに、現代社会の闇に切り込む硬派な題材に「大変だった」と口を揃えるが、それでも「この2人だからこその“ぶつかり合い”ができた」(高良さん)、「現場を引っ張ってくれた。私より年下ですが、すごく尊敬している」(水川さん)。深い信頼関係があったからこそ、苦難を乗り越えたと誇らしげな様子だった。

西島隆弘&高良健吾のサプライズ花束に新人・三根梓、大感激! 画像

西島隆弘&高良健吾のサプライズ花束に新人・三根梓、大感激!

映画『シグナル〜月曜日のルカ〜』の完成披露試写会が3月15日(木)に都内で開催され、本作で演技初挑戦にして主演を務めた三根梓を始め、共演の西島隆弘(AAA)、白石隼也、高良健吾、谷口正晃監督が舞台挨拶に登壇した。

『蛇にピアス』コンビ復活! 高良健吾&吉高由里子で吉田修一の青春小説を映画化 画像

『蛇にピアス』コンビ復活! 高良健吾&吉高由里子で吉田修一の青春小説を映画化

人気小説家・吉田修一著による青春感動巨編「横道世之介」(毎日新聞社刊)を『南極料理人』、『キツツキと雨』など心温まる人間模様を独特のユーモアと世界観で描いてきた沖田修一監督によって実写映画化されることが決定! 主演に高良健吾、ヒロインに吉高由里子が抜擢されたことが明らかとなった。

高良健吾×沖田修一監督インタビュー コメディから解き明かす24歳の魅力と素顔 画像

高良健吾×沖田修一監督インタビュー コメディから解き明かす24歳の魅力と素顔

己の身を削り、そこに火を灯すような——。高良健吾が演じるキャラクターからは常にそんな熱さ、鋭さ、生々しさが伝わってくる。『M』に『蛇にピアス』、『軽蔑』など、これまでの出演作には生への葛藤や孤独、人間の弱さを感じさせる作品が並ぶが、そんなフィルモグラフィーの中で明らかに他作品と異なる空気をまとい、全く違う高良さんの一面を見せてくれるのが沖田修一監督による作品だ。久々に田舎に帰省した大学生とでも言おうか…。そもそも演技以前に『南極料理人』('09)での“兄やん”という役名からして危機感も切迫感も全く感じさせない。前作からおよそ2年の時を経て、沖田監督と再び組んだ最新作『キツツキと雨』でも、同様の“ユルさ”は健在である。昨年は映画のみならず初舞台、NHKの朝の連続テレビ小説にも出演するなど、ますます活躍の場を広げる高良さんだが、ほかとは一線を画した沖田作品の空気感をどのように捉えているのか? そして沖田監督は何を求めて高良さんを起用したのか? いま、最も注目を集める高良健吾の魅力をあえてこの異色作から解き明かす!

芥川賞受賞作「苦役列車」、山下敦弘監督×森山未來×高良健吾で早くも映画化 画像

芥川賞受賞作「苦役列車」、山下敦弘監督×森山未來×高良健吾で早くも映画化

自身の波乱万丈な人生を基に私小説を書き続ける西村賢太の名を広めた、第144回芥川賞受賞作「苦役列車」が早くも映画化されることが決定! メガホンを取るのは『天然コケッコー』『マイ・バック・ページ』などで高い支持を集める山下敦弘監督。主演に森山未來、共演に高良健吾を迎え、「中卒」「風俗」「日雇い労働」という言葉が並ぶ話題の原作の映像化に挑む。

高良健吾×鈴木杏インタビュー 常に確かめ合った五分五分の愛 画像

高良健吾×鈴木杏インタビュー 常に確かめ合った五分五分の愛

人はなぜ恋をするのか──という素朴な、しかしながら深い問いに若き役者たちはこう答えた。「自分1人では決して満たされないことだらけだからでしょうね。でも、理屈でするものじゃない」(高良健吾)、「自分が必要としている人に出会って好きになっちゃうこと、自分ではどうすることもできないことですよね」(鈴木杏)。迷うことなく答える2人。その言葉の裏には、男と女、互いの恋愛観を完全に理解することなんてできない、けれど愛するがゆえのさまざまな感情は知っている、そんな意味合いを含んでいるような…。彼らが自らの感情をありのまま伝えることができるのは、新作映画『軽蔑』で愛の本質を突きつけられ、それぞれの役を通して愛を体現したからなのかもしれない。『ヴァイブレータ』、『余命1ヶ月の花嫁』、『雷桜』など、恋愛映画の名手として知られる廣木隆一監督のもと、高良健吾と鈴木杏がつかみ取った“愛の本質”とはどんなものだったのだろうか。

高良健吾&鈴木杏が『軽蔑』撮影最終日の“試練”を明かす! 画像

高良健吾&鈴木杏が『軽蔑』撮影最終日の“試練”を明かす!

「日本映画プロフェッショナル大賞」が20回目を迎えることを記念して、5月31日(火)に都内劇場で映画『軽蔑』のチャリティ上映会が開催。上映後に主演の高良健吾と鈴木杏、廣木隆一監督によるトークイベントが開催された。

『軽蔑』高良健吾×鈴木杏 原点・新宮で感謝のプレミアム舞台挨拶 画像

『軽蔑』高良健吾×鈴木杏 原点・新宮で感謝のプレミアム舞台挨拶

芥川賞作家・中上健次による純愛小説を映画化した『軽蔑』の公開に先立ち、5月29日(日)、主演を務めた高良健吾と鈴木杏、廣木隆一監督が、原作者・中上氏の故郷であり、本作のロケ地となった和歌山県新宮市に凱旋し、プレミア上映にて舞台挨拶を行った。

堀北真希、高良健吾インタビュー 『白夜行』の裏に隠された葛藤と本音 画像

堀北真希、高良健吾インタビュー 『白夜行』の裏に隠された葛藤と本音

東野圭吾のベストセラー作「白夜行」はその複雑でドラマティックなストーリーが作り手を刺激し、すでに舞台や連続ドラマ、韓国で映画化されている。それを改めていま、日本で映画化するのは大きな賭けと言える。だが、深川栄洋監督、堀北真希、高良健吾という若い才能を得て、父親を殺された少年と母親が容疑者となった少女の壮絶な19年の物語は新たな姿を得た。つらすぎる過去を背負い、美しき悪女となる雪穂を演じた堀北真希、雪穂の影のように生きる亮司を演じた高良健吾に話を聞いた。

堀北真希&高良健吾、観客だます“共犯者”に…『白夜行』新春ヒット祈願 画像

堀北真希&高良健吾、観客だます“共犯者”に…『白夜行』新春ヒット祈願

映画『白夜行』の新春ヒット祈願イベントが1月5日(水)、東京・羽田空港新国際線旅客ターミナル内のカフェで行われ、主演の堀北真希と高良健吾、深川栄洋監督が出席した。会場となった「PLANETARIUM Starry Cafe」は先日オープンしたばかりのプラネタリウム併設カフェ。イベントではオリオン座をはじめとする冬の星座群、そして無数の流れ星が投影され、堀北さんらは本作が大ヒットするよう“星に願いを”かけた。

2011年ブレイク期待の俳優・女優No.1は高良健吾&桜庭ななみ!  画像

2011年ブレイク期待の俳優・女優No.1は高良健吾&桜庭ななみ! 

怒涛のようなあわただしさに満ちた年末を過ごしつつもヒタヒタと確実に迫りくる除夜の鐘、そして新年…。2011年はもうすぐそこに! シネマカフェのランキング企画、その名も「シネマカフェゴコロ ランキング5」では、読者のみなさんの心の内…すなわち“読者ゴコロ”を調査。今月投票を行ったテーマはズバリ「2011年ブレイクしそうな俳優は?」。こちらの結果を大発表! シネマカフェ的2011年期待の俳優&女優は?

高良健吾、今度は鈴木杏とW主演! 中上健次の最後の長編『軽蔑』が映画化 画像

高良健吾、今度は鈴木杏とW主演! 中上健次の最後の長編『軽蔑』が映画化

高良健吾と鈴木杏のW主演で、作家・中上健次が遺した最後の長編小説「軽蔑」が映画化されることが発表された。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Page 3 of 5
page top