日米ファッション・リーダーコラボ!「The OC」ミーシャ・バートン&蛯原友里記者会見

最新ニュース

日米のファッション・リーダーが対面「The OC」ミーシャ・バートン&蛯原友里記者会見
  • 日米のファッション・リーダーが対面「The OC」ミーシャ・バートン&蛯原友里記者会見
  • 日米のファッション・リーダーが対面「The OC」ミーシャ・バートン&蛯原友里記者会見
  • 日米のファッション・リーダーが対面「The OC」ミーシャ・バートン&蛯原友里記者会見
ロサンジェルスの高級住宅地オレンジ・カウンティを舞台にセレブたちの生活を描き、ポスト「セックス・アンド・ザ・シティ」として、全米の女性たちの間で熱い支持を集めたテレビドラマ「The OC」。待望の日本DVDリリースを前にして、主人公を演じ、ファッション・リーダーとして大注目のミーシャ・バートンが来日し、記者会見を行った。

小さな頃からモデルや女優として活躍し、本作への出演で一躍有名になったミーシャは、バツグンのプロポーションとオリジナルなスタイリング・センスが多くの有名デザイナーにも絶賛され、いまやファッション誌の常連。この日の彼女も、スパンコールとシフォンが美しいクロエのミニドレスにイヴサンローランのプラットフォーム・パンプスをあわせて可憐に登場。今日のファッションのポイントは?と訊かれると「なんとなく気に入って。ガーリーでとても好き」と気取ることなく、着こなしを披露してくれた。ちなみに日本のファッションも大好き!という彼女、好きな日本ブランドはツモリチサト、mastermind、グリーンの名をあげた。

ミーシャが演じるマリッサ・クーパーはセレブ一家の長女として、何不自由なく育ったお嬢様。高校生にして普段からシャネルなどのハイブランドを着こなし、完璧とも思われる彼女だが、セレブ生活の影には隠された問題も…。人気キャラクターだけに、ミーシャ本人をマリッサと重ねてしまう視聴者も多いようだが、「マリッサはワイルドな部分があり、でも芯は強く、ロマンティスト。私と彼女はあまり共通していないけど、ロマンティックな所は同じかも? 少なくともマリッサは私よりずっとクレイジーですね」と笑った。

放送が開始された当初は役と同じ16歳で、キャストの中でもいちばん若かった彼女。現在は21歳、趣味は読書、旅行、写真などと多様。特に最近は、ロンドンで舞台に立つことも考えているそうで、観劇にハマっているのだとか。最後に「アメリカのユースカルチャーをリアルに描いているからこそ、時にはきわどい描写もあって、驚く人もいます。でも、それをカッコイイこととしては思わせていない。色々なドラマが含まれているので、それぞれ共感していただき楽しんで欲しいです」とメッセージを贈った。

この日の記者会見には、「The OC」のスペシャル・サポーターに任命された“エビちゃん”こと蛯原友里がゲストに。3月中旬より放送予定のテレビCMでも着用しているベッツィ・ジョンソンの春らしいドレスを着て登場した彼女は、「いつもドラマは時間をかけて観ますが、今回は一気に観てしまいました。ミーシャさんはドラマの中でとてもキュートで、実際会ってみると、さらに内側からキラキラしていてお会い出来て嬉しいです」と対面の喜びを語った。最後にこれから観る視聴者に向けて、気になるキャラクターは?という質問に「女性はもちろんマリッサですが、男性ならばセス。ユーモアがあり、頼りなさそうだけど芯があるところが気になっています」と明かした。

ファッションはもちろん、音楽やリアルなストーリーなど、早くも話題沸騰の「The OC」。「セックス・アンド・ザ・シティ」に続き、ヒット間違いなしの本作待望のDVDリリースは3月23日。日本上陸まであと少し!
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top