ケイティ・ペリーの元恋人が転落死。家主の女性殺害の疑い

最新ニュース

2005年当時のケイティ・ペリー&ジョニー・ルイス -(C) Rex Features/AFLO
  • 2005年当時のケイティ・ペリー&ジョニー・ルイス -(C) Rex Features/AFLO
ケイティ・ペリーの元恋人で、「サン・オブ・アナーキー」、「The OC」などTV番組を中心に活動していた28歳の俳優、ジョニー・ルイスが26日(現地時間)、ロサンゼルスで死亡した。遺体が発見された敷地内では81歳の女性が死亡しており、ルイスが撲殺したと見られている。

付近の住民たちは、26日朝に老女の悲鳴が聞こえた直後、彼女の家の外で若い男が木材で男性2人に襲いかかるのを目撃し、警察に通報した。男は81歳の女性の家で間借りしていたルイスで、その後、隣家の壁をよじ登っているところを作業中の塗装業者に制止され、その家の主人と3人で格闘になった後、女性の家に戻り、そこの壁を登っているときに転落、死亡した。

「TMZ.com」によると、襲われた男性たちがルイスについて「超人的な力」を見せ、「とてつもなく強かった」と話したことから、警察はルイスは犯行時、幻覚作用のあるPCPか覚せい剤を使用していた見ている。ルイスは以前からここの住人で、一度引っ越したものの最近また戻ってきていた。近所の住民は「いい人だったのに…」と話している。

ルイスはかつてケイティ・ペリーの恋人として知られていたが、2007年に交際1年半で破局している。「CSI:科学捜査班」「コールドケース」など、人気TVシリーズの数々に端役で出演、『ワン・ミス・コール』『ランナウェイズ』など映画にも出演していた。



© Rex Features/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top